「只管」って読める?【ちょっぴりオトナな漢字クイズ】

やらしい言葉なんかじゃないのに、使われている漢字や、日常生活で使えないエロ雑学ばかりを知っているせいで、なぜだかいやらしく見えちゃう……そんな漢字ってありますよね。そんな漢字の正しい読み方と意味を調べてみましょう。今回は「只管」です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【問題】「只管」ちゃんと読めますか?

筆者は「手練手管」という四文字熟語が好きです。人を意のままに操って翻弄するというような意味ですが、もとは遊女がお客さんをだますことを言ったそうです。いわゆる色恋営業のことですね。

女の端くれとして、男性を転がす技術にはちょっとした憧れもありますね。

そんな手練手管にも使われている「菅」ですが、「ただの管」というのは……なんでしょう。一体どんなテクニックでしょう?

結局今回も、意味も読み方もわからな~い!

 

ヒント1

わき目も触れない様子です!

ヒント2

何かを成し遂げる人は、この姿勢が功を成すのでしょうか。

 

「熨斗」って読める?【ちょっぴりオトナな漢字クイズ】

 

気になる正解は…ひたすら!

ちなみに、正しい意味はこうです!

ひた‐すら【只=管/一=向】

[形動]

そのことだけに意を用いるさま。もっぱらそれだけを行うさま。「―な思い」「―に弁解する」

[副]

1 ひとすじに。いちずに。「―研究にいそしむ」「―無事を祈る」

2 まったく。すっかり。「身をば―、え捨て侍らぬものなれば」〈狭衣・一〉

出典:デジタル大辞泉(小学館)

日常会話でも使う「ひたすら」って、こんな漢字を書くんですね。「管」はあまり関係ありませんでした。

しかし、いちずに想い続ければ、きっと報われる……なんていうのはドラマや漫画のお話で、筆者のように、重い女とめんどくさがれて、突然関係を断ち切られるのがオチ。

あれ、なんだか無性にむしゃくしゃしてきたので、本日はここまで!(涙目)

 

「熨斗」って読める?【ちょっぴりオトナな漢字クイズ】