エッチで濡れないのはなぜ?濡れないときに無理にしてはいけない理由と試したいこと

パートナーとエッチをするとき、なかなか濡れないことありませんか? 濡れないと、痛みを感じることも多く、なかなか先に進めないですよね。そうこうしているうちに、お互いの気持ちが冷めてしまうというケースもよく聞きます。そこで今回は、濡れない原因が何なのかや、濡れてないのに無理をしてはいけない理由についてご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:エッチで濡れない…濡れない理由とは?

恋人とイチャイチャしているのに、濡れないことはありませんか? どうして濡れてこないのでしょうか。女性の体や健康についての情報発信をしている、ライターで看護師でもある大木アンヌさんにお話を伺いました。

大木:まず考えられるのが、相手のやり方が下手だということですね。痛いと感じているのを我慢していたり、初めての相手で緊張していたりすると、濡れにくくなってしまうことがあります。

また、女性側の心理、精神状態も影響します。例えば、仕事で疲れていたり、あるいは寝不足だったり、大きなストレスを抱えていたりする場合。エッチするよりも寝たいなどと思っているときには、エッチでの安心感や安らぎ、幸福感をいまいち感じられずに濡れてこないことがあります。

そして、冷え性だったり、寒さを感じている場合や水分不足だったりする場合にも、血液循環が悪くなり濡れにくくなってしまうことが。

そういう場合は無理をしてエッチを続ける必要はないかもしれません。

 

2:エッチで濡れないときに無理やりしてはいけない理由3つ

引き続き大木アンヌさんにお話を伺いました。

(1)痛みを伴う

大木:濡れないのにそもままエッチを続けてしまうと、痛みを感じてしまう場合があります。そのまま無理をして続けていると、エッチに対して嫌悪感を抱くようになり、同時に、そんな思いをさせる相手のことをどんどん嫌いになる可能性が高まります。

(2)ストレスが増える

大木:痛みを伴わなかったとしても、濡れないままだとセックスならではの快楽を味わえず、続行することがストレスになっていきます。そしてこれも相手のことを嫌いになる可能性を高めるでしょう。

(3)セックスに集中できない

大木:例えば、濡れない原因が水分不足や空腹だったりすると、性欲よりもそれらの欲求のほうが高まり、セックスに集中できません。また、その状態で無理にセックスをしても水分不足を悪化させたり、カロリーばかりを消費してしまうことになるので、健康によくありません。

 

3:エッチで濡れない…そんな時に試したいこと

濡れないときはどうすればいいのでしょうか。『Menjoy!』の過去記事「セックスで濡れない…気持ちいいのに潤えない理由と対処法」を参考に、その理由をまとめみました。

濡れるためには想像力も大切。ひとりでしているときは濡れるのに、彼とのセックスでは濡れないという場合には、ひとりエッチをしているときのことを思い出してみてください。そして、濡れるときのその状態を自分の中で作り出してみるといいかもしれません。

ほかにも、自分が気持ちいいと思う場所を知って、彼に伝えてそこを刺激してももらったり、相手としっかりとした信頼関係を築いたりということも大切。ふたりで映画のラブシーンなどを見て興奮度を高めたり、前戯にたっぷり時間をかけるなどもおすすめです。

 

4:お風呂でイチャイチャ?濡れない時に彼とのきずなを深める方法3つ

濡れないときは無理にエッチを続けないほうがいいという話でしたが、エッチを無下に断ってしまうと、雰囲気を壊してしまうことも。そこで、エッチを回避しつつも雰囲気を壊さない方法についてご紹介します。どうすれば嬉しいのか、男性に聞いてみました。

(1)彼の欲求を満たしてあげる

「男って単純な生き物で、結果的にイケればスッキリする生き物。なので、口や手で満足させてもらえるだけで、十分だと思います」(Hさん・27歳男性)

男性はエッチを途中でお預けにされてしまうと、興奮状態を持て余し、逆切れしたくなってしまいます。その場合は、彼女のほうから積極的に別のエッチな方法で彼を満足させてあげることが大切なようです。

(2)お酒を飲む

「セックスに限らず、何かを断るときに共通することだと思うんですけど、“何かを断る=何もしない”じゃなくて、何かでそれを埋め合わせをするとうまくいくと思います。僕の場合、それはお酒です。“セックスは無理でも、お酒なら付き合えるよ”って言ってもらえると嬉しいです」(Nさん・29歳男性)

相手が好きなものに付き合ってあげるのもひとつの方法です。そのとき、「濡れなくてこれ以上は無理。ごめん」と言うよりも、「これ以上は無理だけど、お詫びとして〇〇に付き合ってあげる」と言ったほうが、ネガティブな会話にならず済みそうです。

(3)眠るまでイチャイチャ

「セックスそのものというよりも、イチャイチャするのが好きなので、キスをしたり、抱き合ったりしているだけで十分です。しかも、寝落ちする瞬間ってかなり気持ちいいじゃないですか。次の日が休みならイチャイチャして、寝落ちして、目が覚めたらまたキスして、ハグして、二度寝してっていう感じで十分」(Sさん・25歳男性)

セックスに安心感を求める男性なら、本番ができなくても、ただそばにいてくれるだけで満足できるようです。「ヘタクソ! もうヤダ!」などと背中を向けて寝てしまうのではなく、笑顔で優しく接してあげてください。

 

5:濡れない原因を解消する方が先決

エッチだけが彼との絆を深める方法ではありません。そして、なぜ濡れないのか、その原因を解消することのほうが先決。それまでは彼とイチャイチャを楽しむだけでもいいのでは?

 

【取材協力】

大木アンヌ・・・ルーマニア人ハーフの看護師。家庭や恋人同士で使える簡単な医療の知識を少しでも伝えていくため、ライターとしても活動中。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!