不倫は遊び…とは限らない!遊びじゃない不倫の体験談と本気な不倫の結末

不倫はとは、人に言えない日陰の恋。遊び半分で不倫をするのは、あまりにもリスクが高いですよね。自分が未婚なら、相手のパートナーから慰謝料請求されることもありますし、既婚なら離婚につながる可能性も。だからこそ、本気にならないとできないのかもしれません。そこで今回は、本気の不倫をテーマに、体験談やその不倫の結末などをご紹介していきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:不倫だからといって遊びだとは限らない

永遠の愛を誓った相手がいながら、他の人と恋愛をしてしまうのが不倫。リスクがあるとわかっていながら、恋心が止められない。結婚する前にあの人と出会っていたなら、人生も違っていたかもしれない……。

不倫をしている人の中には、火遊びや寂しさを埋めるための人もいるでしょうが、本気の人もいるでしょう。ということで、本気の不倫の体験談を探す旅に行ってまいりました。

 

2:こんなに好きになるなんて…遊びじゃない不倫の体験談5つ

それではさっそく、不倫の体験談をご紹介していきましょう。

(1)助けてくれた人

「20代の前半に結婚したんですけど、夫は家にお金を入れてくれず、“俺が稼いできた金なんだから、俺の好きに使って何の文句があるんだ”っていう感じの人で。独身時代に貯めたお金を切り崩して、生活するような感じだったんです。

でもお金が足りなくてパートに出たりなど、いろいろ大変でした。そのとき、パート先で、“大丈夫ですか?”って声をかけてくれた人がいて。家庭の悩みを相談するうちに、不倫の関係に。

今は離婚して、その人と再婚しました。あの生活から抜け出せたのも、彼のおかげだと思ってます」(Rさん・33歳女性)

(2)夫にはないビビビッ

「どうしても我慢できない感情があるってことを知ったのは、その人との出会いがきっかけでした。私は結婚していたんですけど、共働きで普通に仕事をして。そのときに出会ったのが彼でした。ビビッとくるとか言うじゃないですか。夫とと出会ったときには来なかったけど、その人にはきたんです。

もちろん最初は気持ちを抑えてました。でも、その人も私のことが気になる様子で、ちょくちょく話しかけてくるんです。それで会社の飲み会で隣の席になったときとかに、いろいろと話すようになって。だんだんとあと戻りできないくらい彼のことが好きになってしまいました。

旦那が仕事で、私が休みの日にデートをするようになって、それでカラダの関係に……。3か月くらい続いたと思います。彼とのデートを終えて家に帰ったら、仕事のはずの旦那が家にいたんです。“お前の様子がおかしいから休みを取った”って言ってました。それから“誰だ、あの男は?”って。

それからは1か月ほどは彼と連絡を取らなかったんですけど、職場で会うわけです。それで、“僕は本気だ。明日の夜、例のカフェで待ってる”って言われて、旦那を取るか彼を取るか迫られました。私の答えは決まっていました。家を出るとき、旦那には“家を出るなら、もう戻ってくるな”って言われました」(Aさん・34歳女性)

(3)旦那の浮気の復讐

「最初に不倫をしていたのは夫でした。それで頭にきて、私もやり返してやろうと思ったんです。それで知り合ったのが彼。夫への復讐のつもりだったから、彼には悪いけど、遊びのつもりだったんです。

それから少しして、夫が私の浮気に気がついて大喧嘩に。“俺も別れるから、そいつと別れろ”って話になって、もちろん私は猛反発。でも、不倫をする前から結局は夫の元に帰るつもりではいたんです。だから、彼には別れ話をしました。そうしたら、“わかっていたよ”って言うんです。“でも、好きな人だから一緒にいたいって思ったんだ”って。

そんなセリフ、夫にも言われたことがなかったから、グラっときちゃったんですよね。それで私も、彼のことを真剣に考えるようになりました。彼が“夫とは別れろ”って言うならそうしようって思って、彼と付き合い続けることにしたんです。

夫は浮気相手とは別れて、私と真剣に向き合ってくれるようになった。でも、もう遅かったんです。真剣に私を愛してくれる彼を知ってしまったら、もう元の生活に戻ることはできませんでした」(Wさん・32歳女性)

(4)本気になったのは自分だけ

「自分は独身で、彼女のほうが既婚者でした。知り合ったときは結婚しているなんて知りませんでした。告白したときに、旦那さんがいるんだって言われて。でも、好きになってしまった感情はどうすることもできなくて、諦められませんでした。それでもいいからって、彼女に言い寄ったことは何度もあります。

彼女が折れる形でお付き合いをすることができたんですけど、向こうの旦那さんが怪しんだようで、一方的に別れを告げられてしまいました。最初からわかってはいましたけど、本気だったのは自分だけだったみたいです」(Mさん・29歳男性)

(5)噂話を気にしない

「遊びのつもりで、社内の後輩の女性とお付き合いをしていたことがあります。でも、“あのふたりは怪しい”っていう噂が流れてしまったので、彼女に“悪い噂が流れてるみたいだよ”って言ったら、“私は別に構いませんよ”ってきっぱり返されて。

そのときの彼女の勢いに押されて、遊びの関係を見直そうって思うようになりました。結局、嫁とは離婚して、彼女を迎えに行きました」(Aさん・36歳男性)

 

3:本気でも行き場はない!?本気な不倫の結末3つ

本気の不倫の結末をご紹介します。居酒屋で知り合った人にお話を聞いてきました。

(1)慰謝料請求されて払った

「不倫相手と本気になったからにはしっかりと責任を取ろうと思って、嫁に離婚を切り出しました。もちろん揉めましたけど、慰謝料とか、相手の要求をすべて受け入れました。それぐらいの覚悟は必要だと思ったんです。自分の勝手で離婚するわけですから」(Nさん・35歳男性)

(2)閑職に異動になりフラれた

「銀行に勤めているんですけど、社内不倫がバレて、閑職に異動になりました。彼女とは本気だったので、嫁と別れて彼女と結婚するつもりだったんですけど、俺の出世がなくなったとみるや、別れを切り出されました。惚れた俺がバカだったのかもしれません」(Kさん・32歳男性)

(3)旦那と別れて彼と結婚

「不倫相手の彼に本気になって、それですべてを捨てる覚悟で旦那と離婚して彼と結婚しました。離婚するときはかなり揉めました。私の不倫を疑われたんですけど、彼に迷惑をかけるわけにはいかないと思って、離婚理由は、出張続きであまり家に帰ってこない旦那のせいにしました。

悪いことしているとは思いましたけど、仕事ばかりで家庭を顧みない旦那にも責任はあったと思うので、ある程度は仕方ないかなと思います」(Nさん・34歳女性)

 

4:本気であるなら責められても受け入れられる?

割り切った関係の不倫がある一方で、本気になってしまう不倫もあります。だからといって、独身者同士のように物事は簡単には進みません。子どもがいる場合は軽蔑されるでしょうし、親兄弟、親戚縁者だけでなく、他人から責められることもあるかもしれません。

しかし、それが本気であるなら、すべてを受け入れられるのかもしれませんね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!