気分が落ち込む…なぜ?気分が落ち込むときの対処法

気分が落ち込むことって、誰にでもありますよね。しかし、大した理由がないのに気分が落ち込んでしまうと、少し不安になってしまうもの。そんなときは、どうすればいいのでしょうか。そこで今回は、どれくらいの人が急に落ち込む経験があるのかを調査。また、気分が落ち込んだときの効果的な対処法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Ⓒstock.adobe.com

1:急に気分が落ち込む病気にかかっちゃったみたいです…

理由もなく気分が落ち込んでしまうことってありますよね。そこで今回『Menjoy!』では、20代~50代の男女500人に「急に気分が落ち込む時がありますか?」というアンケートを実施しました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・324人(64.8%)

ない・・・176人(35.2%)

6割以上の人が、急に気分が落ち込むことがあるようです。これだけ多くの人に起こることですので、落ち込む自分は病気かな……と不安になる必要はないかもしれません。

 

2:なんとなく気分が落ち込む、涙がでる…みんなの対処法は?7つ

それでは、急に気分が落ち込んでしまったとき、みんなはどのように対処しているのでしょうか。先ほどのアンケートで、多かった回答をご紹介します。

7位:運動をする・・・44人(13.6%)

「なんとなく気分が落ち込んだときには、運動をします! ジムにいって筋トレすると、なんだか気分も良くなります。“筋トレが最高のソリューションである”って本があったんですけど、それは本当だと思います」(Kさん・45歳男性)

Kさんは、筋肉をつくるために、栄養バランスを考えた食生活を意識して、睡眠もしっかりとるように心掛けるようになったそう。筋肉にいい生活習慣は、カラダだけでなく、ココロにもいい生活習慣になるでしょう。

6位:映画やドラマなどを観る・・・50人(15.4%)

「気分が落ち込んだら、映画を見ます。ベタに大笑いできるコメディだったり、好きな女優さんが出ている恋愛映画だったり。あと、思いっきり泣きたいときは、悲恋系のものとか。没頭しているうちに、気持ちのモヤモヤを忘れられることも」(Wさん・41歳男性)

他にも、「落ち込んだときはいつも決まった、大好きな映画を観る」という人もいました。そういう一本を持っておくのもいいかもしれません。

5位:何もしない・・・62人(19.1%)

「特別なことは何もしないです。昔は友達とカラオケ行ったり、お酒を飲みに行ったりしたんですけど、無理して明るく振る舞うと、そのあと、余計にドッと疲れるんです。なので、自然に任せるのがいちばんだと思うようになりました」(Hさん・29歳女性)

特別なことはしない、というのも立派なひとつの方法。他にも「洗濯物をして掃除して、家事に集中しているうちに自然と治っている」という意見も。決まったルーチンワークをこなす間に、気分が落ち着いてくるのかもしれませんね。

4位:音楽を聴く・・・66人(20.4%)

「音楽を聴くことが多いです。気分が落ち込んでいるときは、アップテンポの音楽よりも、ジャズとかブルースとかスローテンポの音楽が身にしみます。無理に気分を上げるよりも、浸っている方が心地良いんです」(Mさん・36歳男性)

好きな曲はもちろん、元気になれる曲、落ち着ける曲など、聴く曲は人それぞれでしょう。「心に響く名曲」とも、よく言いますよね。

3位:おいしいものを食べる・・・89人(27.5%)

「おいしいものを食べるにかぎります! 自炊をすると、準備とかが億劫になって適当なものばかりになってしまうので、外食するほうがいいです。おいしいものを思いっきり食べると、食べ終わるころには気分が晴れていることもありますね」(Rさん・37歳女性)

おいしいものを食べると、幸せを感じますよね。落ち込んでいるときには、なおさらかもしれません。その際は、友人と一緒に食卓を囲んでも◎。気心知れた人といっしょなら、もっとおいしく、自然と笑いも生まれることでしょう。

2位:深呼吸する・・・90人(27.8%)

「まずは深呼吸します。深く息を吸って、吐いて、を繰り返していくうちに、少し落ち着いてくる気がします。」(Iさん・32歳男性)

気分が落ち込んだときは、呼吸が浅くなりがち。深く息を吐くと、副交感神経の働きが高まり、リラックスできると言われています。特別なことはしなくても、まずは深呼吸をする癖をつけるといいでしょう。

1位:考えるのをやめる・・・113人(34.9%)

「なるべく考えるのをやめるようにしています。悩みとかって、考えてもどうしようもないことか、考えていないで行動したほうがいいことかのどちらかだと思うんです。なので、考えるだけ無駄なのかなって思います」(Tさん・28歳男性)

考えることをやめようと思ってもなかなか難しいもの。「トマトのことを考えないようにしてください」と言われたら、トマトの映像が無意識に頭の中に浮かんできてしまいますよね。なので、普段から瞑想などをおこなって、考えないトレーニングをするといいかもしれません。

 

3:気分の落ち込みが激しいとき、クリニックで処方されるお薬は?3つ

それでは今度、気分が落ち込んだときにクリニックで処方されるお薬について医者の小田切ヨシカズ先生にお話を聞いてきました。

(1)抗うつ薬

小田切:軽症のうつ病の場合には、SSRIやSNRIと言われる抗うつ薬が処方されることがあります。うつ病の場合、セロトニン神経やノルアドレナリン神経などの機能低下が見られるため、こういった抗うつ薬で、それらの機能を元に戻そうとするわけです。

(2)抗不安薬

小田切:他にも、軽症のうつ病の場合には、抗不安薬が処方されることがあるでしょう。薬というのは、効果が現れるまでに時間がかかるものがあります。例えばうつ病の場合、抗うつ薬の効果が発揮されるまで不安に耐えられない方もいます。そのときは、即効性がある抗不安薬を飲んでもらいます。ですが、抗うつ薬の効果が現れてきたら、抗不安薬は中止するのが普通です。

(3)睡眠薬

小田切:うつ病の人の中には睡眠障害を併発している人もいます。夜によく眠れなかったり、夜中に起きてしまって朝まで眠れなかったりなど、不眠が多い場合には睡眠薬を処方します。

ただし、睡眠薬の多用は日常生活に影響を及ぼすので、生活習慣の改善を図りながら使用していくことが大切になります。

 

4:あまりにも気分の落ち込むが長引く場合には病院へ行きましょう

今回は急に気分が落ち込むことをテーマにご紹介しました。失恋したり、仕事で失敗して怒られてしまったなど、理由が明確な場合にはいいですが、明確な理由もなく気分が落ち込んでしまうこともあります。

短時間で治る場合にはそれほど心配いりませんが、長く続いて、回復が見られない場合には、一度、専門の病院に行ってみることをおすすめします。

 

【取材協力】

小田切ヨシカズ・・・湘南育ちのサーファー医師。ワークライフバランス重視。現在、横浜の内科クリニックに勤務中。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!