必要とされたいと思うのはなぜ?その心理を心理学者が解説

誰かに頼られたり、必要とされると嬉しくなりますよね。その一方で、頼られなくなったり、必要とされなくなると、寂しさを感じてしまいます。よく「人という字は、人と人とが支えあうんだ」なんていいますが、人間というのは、誰かにいつも必要とされていたい、誰かを必要としたいと思う生き物なのでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:「必要とされたい」は寂しいと同義?

「◯◯したい」とか、「◯◯されたい」という言葉は、人間の欲求を表しています。「必要とされたい」というのも同様、欲求のひとつだと考えることができます。

(1)人間の欲求

人間誰しも、欲求をもっています。この欲求には「生理的欲求」と「社会的欲求」という、ふたつの欲求が存在します。生理的欲求とは、のどの渇き、空腹、睡眠といった、生物として命を維持するために必要な行動をさせるために生じる欲求です。もし人が「のどが渇いた」と思わず、何か飲みたいという欲求がなければ、いつしか水分不足になって、干からびて死んでしまいますよね。

一方、社会的欲求とは、別にそれをしないと死ぬわけではないけれども、社会的生活を送る中で他人と関わり、その結果として生まれる欲求のこと。例えば、目立ちたいという欲求は、別に目立たなくても死ぬわけではないですが、誰かとともに生活をしている中で、目立ちたい思うようになるわけです。

では、必要とされたいという欲求はどちらになるでしょうか。これは別に人の生き死に関係するわけではないので、社会的欲求となります。そして、社会的欲求の中でも「援助欲求」と位置付けられます。これは、弱い人や困っている人を助けたい、励ましたいという欲求です。

(2)必要とされたい欲求とは寂しさの関係

一般的には、自分が寂しいから誰かに一緒にいてほしくて、必要とされたいという欲求が起こると考えますよね。ですが、必要とされたい欲求と寂しさはちょっと違います。社会的欲求の中に「親和欲求」というのがあります。これは、好きな人の近くにいたい、助け合いたいという欲求です。

そして、この親和欲求が強くなるのは、不安な状況に置かれたときや孤独を感じたときだとされています。つまり、まさに寂しいときということにわけです。そう考えると、必要とされたいという欲求と寂しさは、同じ意味だとはいえないんです。

 

2:人が必要とされたいと思う心理

ところで、この必要とされたい欲求ですが、具体的にどうしてそんな欲求がおこるのでしょうか。

(1)他人から認めてもらいたい

必要とされるということは、頼りにされているということですよね。そして、頼りにされるということは、自分の価値を認めてもらっているということです。誰かから認めてほしいという気持ちが、必要とされたいという欲求につながっていきます。

(2)自分の存在意義を知りたい

困っているとき、その分野に詳しい人に助けを求めますよね。英語ができないとわかっている人に、通訳なんて頼まないわけです。つまり、誰かに必要とされたときは、少なくともその必要とされた理由に関して、自分が頼りにされたということ。その分野について、周囲の人が一目置いてくれているということです。

その意味で、誰かに必要とされるということは、自分の存在意義がどこにあるのかを確認できるチャンスでもあるわけです。

(3)自慢したい

誰でも経験があると思うのですが、自分が得意なことは、自慢したいですよね。さりげなく自慢するためには、自分が得意なことで困っている人を見つけて、助けてあげるのがもっとも効果的です。つまり、必要とされたいという欲求には、その分野について自慢をしたいという気持ちが潜んでいるんです。

 

3:人から必要とされるにはどうしたらいい?

それでは、人から必要とされるにはどうしたらいいのでしょうか。

(1)聞き上手

必要とされることと聞き上手に、どんな関係があるの?と思うかもしれません。ですが、何ごとも最初は、聞き上手が肝心です。人が何に困っていて誰を必要としているかは、相手の話をきちんと聞かないとわからないからです。

さらりと「手伝いましょうか?」と声をかけるくらいは良いのですが。必要とされたいからといって自分から、「何か困っていることない?」と押し売りに行ってはいけません。まずは話を聞き、観察するのです。

(2)必要とされることに執着しない

人間は欲求があると、それが満たされるまで執着してしまいます。「必要とされたい」というのも欲求です。「ラーメンが食べたい!」と思ったら、食べずにはいられないという人もいますよね。それと同じです。

ですが、欲求に執着してもいいことはありません。必要とされたいという欲求も同じです。必要とされたいのに誰も必要としてくれなかったら、欲求不満でストレスが溜まるだけではなく、自分は必要とされないダメな人間なんだとすら思うようになってしまいます。必要としてくれる人に会うかどうかはタイミング次第。なので、あまり執着するのはやめましょう。

(3)自分を磨く

そして何よりも大事なことは、自分が誰かに必要とされるようになるために、自分磨きをすることです。それはなにも、知識や技術ということだけではなく、人間性の部分、性格なども含めていえることです。

 

4:まとめ

誰かに必要とされたいと思うのは簡単。ですが、実際にその人の役に立つというのは、けっこう難しいことかもしれませんね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!