メンタルを強くする方法5選!恋愛に生かせる心を強くする習慣は?

ささいな失敗でもすぐに落ち込んでしまったり、人から何か言われたらイヤな気持ちになったり……。そういう人を、メンタルが弱いなんて言いますよね。失敗しても平気というのも困りますが、ちょっとしたことですぐに落ち込んだり、悩んだりしていたら、気持ちが滅入ってストレスが溜まるばかり。どうすればメンタルを強くすることができるのでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Ⓒstock.adobe.com

1:スポーツや恋愛でも生かせる!メンタルを強くする方法は?

仕事の大事なプレゼンのときに頭が真っ白になったり、友達のなにげない言葉に傷ついて、心が折れそうになったり……。そんな経験、一度や二度はありませんか?

失敗したらどうしようとか、恥をかいたらどうしようとか、自分はダメな人間と思ってしまうと、積極的に挑戦しようという気持ちが失われてしまいます。そして、ひどいときには家で閉じこもってしまったりということにもつながってしまうことも……。

メンタルを強くすることは、不可能なことではありません。スポーツ選手……た例えばサッカー選手などは、プレッシャーでゴールをはずすことがないようにと、メンタルのトレーニングを実際にしています。

では、一体どんなトレーニングをすればいいのでしょうか。

 

2:これでメンタルが強くなった!心を強くする方法や習慣5つ

では、ここからはスポーツ選手などがおこなっているメンタルトレーニングを参考に、メンタルを強くする方法や習慣について考えていきす。

その前に、あなたがメンタルが強いかどうか、ちょっとしたテストをやってみましょう。

1.仕事を楽しんでいる。

2.仕事は生活の一部である。

3.目的意識を持ち、仕事に取り組んでいる。

4.仕事の前の体調管理ができている。

5.大事なプレゼンの前などに、イメージトレーニングをしている。

6.仕事や大事なプレゼンの前に、十分な休息がとれている。

いくつあてはまったでしょうか。これは、スポーツ選手向けのテストを参考に筆者が独自に作成したもので、あてはまる数が多いほど、メンタルが強い傾向にあるといえます。

(1)サイキングアップ

サイキングアップとは、気分を盛り上げるということです。ある程度、自分が興奮している状態にあると、落ち込んだりすることがなく、集中力を上げることができます。例えば、大相撲の力士は、取り組み前に「体の部位を軽く叩く」というのをやっています。ラグビーのニュージーランド代表のオールブラックスたちは、伝統的な“ハカ”をすることで「大きな声」を出します。

また、そのほかにも「アップテンポな音楽を聞く」ことで、気分を上げているスポーツ選手もいます。こういった行動も、メンタルを強くする方法のひとつです。

(2)決めゼリフをつくっておく

お笑い芸人のなかには、ステージに上がったら決まったフレーズや挨拶を言ってから漫才をはじめるコンビがいますよね。こうした決めゼリフ(=キューワード)をつくっておくと、それによって気持ちを切り替えることができるわけです。いわゆる「よし、やるぞ!」というのも決めゼリフです。

仕事で大事なプレゼンがあるときに、冒頭で必ず言う決めゼリフをつくっておくことで、メンタルを強くすることができるでしょう。

(3)ヨガや瞑想を取り入れる

精神を集中させるために、ヨガや瞑想をするという人は少なくありません。ヨガや瞑想の本質は呼吸法です。お腹がふくらむように鼻から息を吸い、お腹がへこむように口からはくという呼吸をすることで、気持ちをリラックスした状態にもっていくことができます。

(4)フォーカルポイントを決めておく

「フォーカルポイント」というのは、言い換えるなら、視線を定めるポイントです。緊張したとき、頭が真っ白になったときに、なにか見るものを決めておいて、気持ちを集中させるということを習慣にしておくと、いざ焦っても落ち着けるようになります。これは、“見る”だけではなく、自分が身につけているなにかを“触る”という行動でも大丈夫です。

(5)イメージトレーニングをする

緊張しそうだなというときの前に、あらかじめその状況をイメージして予行練習をしておくのが、イメージトレーニングです。サッカー選手であれば、イメージの中で、どうボールを蹴って、蹴ったボールがどういうふうにゴールに入るかシミュレーションを繰り返します。本番は一回だけのチャンスですが、イメージトレーニングを重ねることで、いざ同じ状況になったとき、イメージの中で慣れていることによって、緊張することを防ぐことができます。

 

3:メンタルを強くする音楽ってあるの?

サイキングアップついての説明で、「アップテンポな音楽を聴く」という方法をおすすめしました。つまり、音楽によってメンタルが強なるということは、実際に起こりえるのです。そしてメンタルを強くする音楽には、いくつか種類があります。

(1)アップテンポな音楽

テンションを上げるという意味では、サイキングアップでも紹介したアップテンポな音楽というのも役立ちます。中でも音楽のテンポ(BPM)が160以上の音楽がおすすめ。いわゆる、ランニングなんかするときに聞くような音楽です。筆者の場合は、仕事で集中するときにはEDMをオフィスでかけていますけどね。

(2)自分が好きな音楽

もっともリラックスできたり、テンションを上げたりできる音楽というのは音楽、自分が好きな音楽です。洋楽でも演歌でもなんでもいいので、自分の好きな音楽を聞きましょう。

(3)成功した経験を思い出せる音楽

ラッキーカラーやラッキーアイテムじゃないですが、自分が成功した経験があるときに聞いていた音楽というのも、メンタルにいい作用をするでしょう。

 

4:まとめ

メンタルを強くすることは、すぐには無理でしょうが不可能ではありません。日々のメンタルトレーニングで随分変わってくると思いますよ。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!