ジェルネイルの持ち期間は?持ちを長くする方法と上手に持ち運びする収納

手元を華やかにしてくれるネイルの中でも、長く楽しめるのがジェルネイルです。最近はセルフでもできるようになり、これまでよりも身近なものになりましたが、その工程は多く、お金もかかるので、できるだけ長持ちさせたいと思う人は多いはず。そこで今回はジェルネイルを長持ちさせる方法や、セルフでするときの道具を上手に持ち運びする収納をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Ⓒstock.adobe.com

1:ジェルネイルの持ち期間はどれくらい?

私たちが普段セルフで塗る、いわゆるマニキュアのことを「ポリッシュ」と言います。ポリッシュは塗って乾かすだけなので、セルフネイルにはもってこいなのですが、はげやすいのが残念……。

それに比べて長持ちするのがジェルネイル。持ちは人によっても違いますが、だいたい3週間、長いと1か月くらい持つことも。ポリッシュと比べて、長い期間楽しむことができます。

 

2:ジェルネイルの持ちを良くするには?

ジェルネイルは一般的に持ちがいいと言われていますが、中にはせっかくネイルサロンに行ったのに1週間ではがれてしまったという人も。ここからは、ジェルネイルを長持ちさせる方法をご紹介します。

(1)甘皮を保湿する

ネイルを長持ちさせる上で、とても重要とされているのが甘皮の保湿。爪を形成している爪母を守る甘皮が乾燥してしまうと、爪が弱くなってしなりやすくなり、ジェルが浮いてしまうのです。

よくネイルサロンでは、仕上がりに甘皮のケアをしてもらいますが、自宅でも継続してケアするようにしましょう。

(2)長さや形

せっかくネイルをするならと、できるだけ自爪を伸ばす人も多いのではないでしょうか。でも長すぎると、折れたり欠けたりする可能性が高まり、持ちが悪くなる原因に。

また、人気のスクエアも、引っかけてしまう可能性があり、ジェルが浮きやすくなる原因になるのだそう。長持ちを目指すなら、できるだけ丸みのある形を選んだり、スクエアの場合も角に丸みをつけたりするなどの工夫をしましょう。

(3)水仕事

ネイルが取れてしまう原因は、水仕事が多いと言われています。とはいえ、料理や水回りの掃除など、日常生活の中では、どうしても水を触ることが多いですよね。面倒でありますが、水仕事のときはゴム手袋を装着するのがおすすめです。

(4)デザイン

派手なデザインも要注意。大きめのパーツがたくさんついたデザインは凹凸が多く、ぶつけたり引っかけたりする可能性が大いにあります。ペイントアートなど、凹凸のない長持ちするデザインを選びましょう。

(5)爪切りはNG

やってしまいがちなのが、爪切りでジェルごと爪を切ってしまうこと。爪切りを使うと、ジェルネイルと自爪に隙間ができてしまい、持ちが悪くなる原因に。筆者も爪が伸びたのが気になって切ってみると、パキッとジェルが割れてショックだったことがありました。

また、自爪とジェルネイルの隙間に雑菌が入ってしまうなんていうことも……。爪の長さがどうしても気になる人は、一度ネイルをオフしてから、長さを整えましょう。

 

3:ジェルネイルキットを上手に持ち運ぶための収納のコツ5つ

旅先や仕事の合間にもジェルネイルがしたいけど、ネイル用品は細かいものが多く、化粧品を持ち運ぶのとはわけが違いますよね。そんなとき、持ち運びに便利なものをご紹介します。

(1)専用ポーチ

最近は、ブラシを収納できたり、パーツの収納にぴったりな細かい仕切りがあったりなど、ネイル用のポーチはバリエーションも豊富。普通のメイクポーチに入れていたら、ジェルやパーツが飛び出していた……なんてことを避けるためにも、専用のものを使用することをおすすめします。

(2)LEDライト

ジェルネイルを運ぶ上でいちばんかさばってしまうのがライト。爪全体を覆うため、どうしても大きくなってしまうですよね。でもこれがないとジェルが固まらないし……と、カバンにつっこんでいる人を筆者の周りでもよく見かけます。

最近では折りたたみ式のものや、USB接続できるとても小さいライトも登場しています。コンパクトなぶん。爪ひとつずつしか光を当てられなかったりと利便性は落ちますが、持ち運びのストレスも減るのではないでしょうか。

(3)小分けピルケース

細かいパーツがカバンの中でばらけないように、しっかりフタが閉まるピルケースを使うのがベスト。100均でも手に入るので、お財布にもやさしいです。

 

4:ジェルネイルの持ち込みとは?

ヘアスタイルと同じく、ネイルでもアプリやネットで見つけたデザインと同じようにしてほしい!と思うことがありますよね。そんなときは「持ち込みデザイン可能」なお店を探しましょう。

美容院とは違って、お店のデザインしか対応できないところもあるので、「持ち込み可」の表示があるか、しっかりと確認するようにしてくださいね。

 

5:まとめ

女子力を高めるネイル。特にジェルネイルは、デザインの幅も広がって、爪のオシャレを存分に楽しめますね。とはいえ、お値段が張るだけに、できるだけ長持ちさせたいもの。デザインや普段の生活の中で少し気をつけるだけで持ちは変わるはずです。ぜひ試してみてくださいね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!