セックス中に頭痛が…頭痛が起こる原因と解決方法

セックスしていると、頭がズキズキ痛い……。繰り返すようだと気になりますよね。実はこれ、ちゃんと名前がついていて、「性交性頭痛」といいます。短時間で収まることもあれば、長時間続くこともある厄介な頭痛……。大切な人とのセックスを楽しむためにも、性交性頭痛がどういうものかを知り、解決方法を押さえておきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:セックスしているとき、頭が痛くなったことある?

大切な人とセックスをしている最中、頭がズキズキと痛くなったことはありませんか? 実はこれ、さほど珍しい症状ではなく「性交性頭痛」という頭痛の一種で、ちゃんと名前もついています。

しかし、性交性頭痛の原因や生じるタイミングはどうやら人それぞれのよう。

今回は、この性交性頭痛について。パートナーとのラブな時間を頭痛で台無しにしないためにも、性交性頭痛の特徴や原因、対応策を知っておきましょう!

 

2:性交性頭痛とはどんなのかを解説!

性交性頭痛とは、セックスをしているときに生じる頭痛のことで、頭痛や群発性頭痛と同じ「血管性頭痛」という種類に分類されます。

日本頭痛学会によると、性交性頭痛には以下のような特徴があるようです。

性行為に伴う一次性頭痛は, ICHD-II 1) に準じて診断され,オルガスムス前頭痛とオルガスムス時頭痛に分類される.前者は頸・顎部の筋収縮の自覚を伴う頭頸部の鈍痛で,性行為中に起こり,性的興奮で増強する.後者は突発性,爆発性で重度の頭痛で,オルガスムス時に生じる.

出典:日本頭痛学会 ㈸−3 性行為に伴う一次性頭痛はどのように診断し,治療するか

性交性頭痛は興奮が高まるにつれ痛みが強くなるものと、絶頂を迎えるときに急に激しい頭痛がしたりするもののふたつに分かれ、前者は鈍痛であり、後者のほうが痛みが強いようです。

(1)オルガスムス時頭痛が多い

いちばん多いといわれているのは、「オルガスムス時頭痛」で、ズキンズキンといった激しい痛みが、1分から長ければ3時間ほど続くことがあるそうです。

一方、オルガスムス前頭痛は、性的興奮を感じるたびに強くなるものや、体の緊張による生じるもの、同じ体位を続けることで生じるケースが多いようです。

(2)性交性頭痛になりやすい人の特徴とは?

実は、性交性頭痛というのは、女性よりも男性に多く見られる症状といわれています。特に、同じ体位のまま運動を続けることで起こることがあるため、セックスの主導権を握ることの多い男性のほうが引き起こしやすいのだとか。

また、運動時に頭痛がよく起きるという人も、性交性頭痛が起きやすいともいわれています。

(3)珍しい症状ではない

性交性頭痛は日本ではあまり聞きなじみのない言葉ですが、欧米では神経学の教科書で説明されているなど、ごくごく一般的な症状のひとつです。また、セックス中に生じるため「性病と関係してるんじゃ……?」ということが気になる人もいると思います。

性病というのは一般的に、菌やウイルスの感染が原因であり、性交性頭痛はセックスによって体に負担がかかることで生じるもの。関係性は低いと考えていいでしょう。

 

3:セックスに頭痛がする理由

性交性頭痛が起きる原因とは何なのでしょうか? 実は、はっきりとした理由はまだ解明されていません。しかし、セックス中に頭痛が起きる理由として考えられるものはいくつかあります。

(1)血圧の急上昇

オーガスムのときに起こる性交性頭痛は、オーガズムによって血圧が急上昇したために起こる可能性が高いです。これは短時間で急激に血圧が変化したことによって、激しい頭痛が引き起こされるもの。また、普段から高血圧な人も、性交性頭痛になりやすいと言われています。

(2)頭や首まわりへの過度な負担

セックスの体位により、首に過度な負担がかかると、頭頸部の筋肉の収縮にも繋がり、性交性頭痛を引き起こす可能性があります。また、頭や首まわりの筋肉が緊張してしまったため、脳動脈の痙攣が引き起こされ、それが頭痛につながるというケースも。

(3)精神的な影響によるもの

血圧の変化は、オーガズム時やセックスの体位によるものだけではありません。「初めて相手とセックスをするから緊張する」「考えごとがあってセックスに集中できない」などの理由から体にも影響し、いつものセックスでは生じなかった性交性頭痛を引き起こしてしまう可能性もあります。

また、心が緊張を感じていると、同じように体も緊張してしまい、性交性頭痛を引き起こしてしまう可能性も高めてしまいます。

 

4:セックスにおける頭痛の解消法

大好きな相手とのセックス中に頭痛でアイタタタ……となると、テンションも下がってしまいますよね。性交性頭痛を引き起こさないためにも、頭痛の解消法や予防策をマスターしておきましょう!

(1)部屋を暖かくする

体が冷えると血管が収縮してしまい、頭や首の血流が悪くなって、頭痛が起こりやすくなります。エアコンなどで部屋を適温に保ちましょう。特に冬場は、シーツや布団も冷たくなっているので要注意です。

(2)リラックスした状態でセックスをする

緊張すると体が強ばってしまい、筋肉が収縮してしまいます。この筋肉の緊張が、頭痛を引き起こす要因にも。心身ともにリラックスできる環境を整えましょう。

(3)適宜体位を変える

セックスの体位には、首や肩に負担がかかるものがあります。これが原因で筋肉の緊張や血流の悪化を招き、性交性頭痛を起こす可能性も。同じ体位をいつまでも続けないように意識し、体の一部分に極度な負荷がかからないようにしましょう。

(4)血圧を下げる薬を服用する

オーガズムの時に強い性交性頭痛が起きるという人は、血圧の急上昇が原因である可能性も。この場合には、血圧を下げる薬を服用すると、解決につながる可能性もあります。ただし、あくまで血圧を下げる薬であるため、性交性頭痛すべてをブロックできるわけではありません。

(5)痛みが続く場合は病院へ

性交性頭痛が続くという場合には、病院で診てもらいましょう。頭痛が生じたのがセックスの最中であっても、性交性頭痛ではなく、くも膜下出血や脳内出血などの可能性もあります。

また、性交性頭痛は予防治療で改善することもあります。慢性的な性交性頭痛に悩んでいるという人は、一度頭痛外来を受診することをおすすめします。

 

5:まとめ

セックス中に急激な頭痛に襲われると「自分は何かの病気かもしれない……」と疑いがち。ですが、性交性頭痛は珍しい症状ではありません。すぐに収まる頭痛であれば、まずは頭痛を引き起こす原因を探すことからはじめ、対策を取りましょう。

そして、頭痛が長引く場合は、他の病気である可能性もあるので、病院で診断を受けましょう。

 

【参考】

日本頭痛学会 ㈸−3 性行為に伴う一次性頭痛はどのように診断し,治療するか

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!