セフレとの出会いのきっかけは?セフレとの出会いのきっかけエピソード5選

「セフレ」に対してのイメージは人それぞれでしょう。しかし「2番目ってダサい」「セフレ作る人って一途じゃなさそう……」というネガティブイメージをもっている場合は特に、セフレとの関係を持ち続ける人たちがどんなマインドなのか、気になりませんか? そこで今回は、セフレと出会うきっかけやセフレに対する男女の本音を通して、その実態を見ていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:セフレとの出会いのきっかけは?

セフレ……そう聞くと、淫らな響きに感じる人もいるかもしれませんが、セフレとの関係値は人それぞれ。

本命にしてもらえず、甘んじてセフレにとどまる人もいれば、最初からお互いセフレとして関係値を作っていく人、恋人はいらないからと「友達以上恋人未満」としてセフレを作る人もいます。

ひと言にセフレといっても、その存在の意味や抱く思いは人それぞれなのです。

 

2:男女に聞く!セフレとの出会いのきっかけ5つ

では、実際にセフレ関係をもつ人たちに話を聞いてみましょう。ちなみに27歳の筆者の周りでは、セフレ持ちやセフレが欲しいという男女がけっこう多かった印象です。

(1)仲良くなったTwitterのフォロワーと…

「Twitterをいつも見ています。匿名で顔出しなしですが、趣味や生活圏内が似ているフォロワーも多く、特に仲のいいフォロワーの女子と、たまたま近所に居合わせて、一緒にお酒を飲みに行ったところからセフレ関係がスタートしました。

あっちには彼氏がいるようですが、僕も恋人は求めていなかったので、ちょうどいい関係で楽ですね」(24歳男性/起業家)

SNSの中でも、特にTwitterがセフレ探しには向いているよう。知らない人同士が繋がりやすい文化からでしょうか。

(2)マッチングアプリで知り合ったカフェ店員と…

「去年くらいからマッチングアプリを使っていますが、とてもカジュアルに出会えるのでいいですね。私がよく使うのは近所の人と出会いやすいアプリです。今はアプリでマッチした、近所のカフェで働く男性と仲良くなって、今はセフレ関係中。アプリだと外見のタイプを探しやすいんがいいですね」(28歳女性/保育士)

マッチングアプリでセフレ探しする人も今はとても多いですね。アプリにも真剣な人が多いアプリと、ライトな関係向きのものがあります。「婚活用」と銘打っているアプリでのセフレ探しは控えましょう。

(3)クラブで出会ったDJに本命にしてもらえず3年…

「クラブで知り合ったDJに恋したのはもう4年前。知り合って半年くらいから仲良くなり、”もしかしてこれって付き合ってるのかな?”と思ったこともあったけど、その人には海外に住む本命の彼女がいて。彼女とは別れたいんだけど……といいながらまったく別れてくれず、2番目の女のまま、3年が経ってしまいました」(26歳女性/飲食)

クラブで知り合った人とセフレ関係に、というのもよく聞くパターン。クラブで遊びまくっている人は軽いタイプが多いので、本気で好きになる前に彼の近辺を調べて置くほうが賢明かも。

(4)HUBでナンパした既婚女子と…

「知らない人と話すのが好きなので、よく飲み屋でナンパをしちゃいます。今は、HUBでナンパした人妻がセフレ。僕自身、彼女はいるのですが、彼女とはあまり夜の関係の相性が合わなかったので、今のセフレと出会えてラッキーですね」(29歳男性/コンサル)

本命との性生活に悩みを感じてセフレを作る人も多いよう。既婚でセフレを作る人は、本命とはセックスレス、なんていう人も多いみたいですね。

(5)危ない関係にスリル求めて…

「私、サークルとかの集団を壊しちゃうことが多いんです。会社とか部活とか、自分が属しているコミュニティの中の人の人をつい好きになっちゃう。でも心の底では、スリルを求めてるのだけなので、本命の彼女にはならず、いつもセフレ止まりですね」(25歳女性/外資IT)

女性でも、セフレ関係にスリル感を求めているという人、いました。しかし、これはいつか痛い目に遭いそうなリスキーゲームですね。

 

3:出会いはセフレでも本命に昇格はあり?男女の本音5つ

ではここからは、特に「甘んじてセフレになってしまっている」……つまりセフレの関係に満足できていない人のために、「セフレからの本命昇格はあるのか」をセフレ持ちのみなさんに聞いてみました。

(1)人として好きなら、本命昇格はアリ!

「昔、セフレから本命になった彼氏がいました。もともと半年くらいゆるゆると一緒にいて、なんとなくセフレになっていましたが、お互い人として好きだったので、”なら付き合おっか”とさらりと昇格」(27歳女性/ライター)

これは筆者の話ですね。なんとなくセフレになったものの、過ごす時間の中で好意が増幅されていけば、本命昇格はおおいにあると思います。

(2)最初から「恋人はいらない」という人だと難しい

「セフレを本命にしたことはないですね。本命としてアリなら、そもそもセフレになってませんよ。人と付き合うのが面倒なので、特に恋人も欲していないですし」(27歳男性/飲食)

最初から恋人はいらないと断言している人だと、本命昇格は難しそう。こういう人はそもそも、恋人を作らなくて済むならいらないと思ってるんですよね〜。

(3)女性は割と「本命昇格」アリ派多し

「長くセフレ関係で一緒にいるうちに、相手のことが好きになってしまうことはよくあります。ルール違反だとは分かりつつも、女ってやっぱり時の情や夜の情に流されることも多いのでは」(29歳女性/作家)

女性のほうがセフレ関係から本命になりたい、したいと思うことが多いようです。

(4)セフレだったからこそ無理、という声も

「僕はセフレを恋人にするのは、生理的に無理ですね。だって、僕とセフレな時点で、他こセフレを作る可能性があるってことじゃないですか。そう思うと本命にするのはイヤかも」(30歳/音楽関係)

自分もやっておいて、という感じですが、やっぱり本名にセフレ的な一面があるのは無理……という意見も。これは男性に多い意見でした。

(5)本命昇格は恋が続かない?

「何度かセフレから本命になった彼女がいたけど、あんまり長続きしませんでしたね。これまでのフランクな関係から、一気に束縛が強くなる子が多くて……。それなら、セフレだったときのほうが楽しかったな〜と思うことが多かったですね」(31歳/アパレル)

恋人になった途端、付き合い方を変えてしまうと、相手が疲れてしまうかも。恋人に誠実さを求めるなら、セフレを本命にするのはやめるべき。だって相手は、平気でセフレをつくるような人なのですから。

 

4:たとえセフレでも「信頼関係」が大事!

たかが、と軽く考えられやすいセフレですが、セフレも人間関係です。人として、が抜けているとその先にも繋がりづらいですし、そういう相手とは本命になった途端、コミュニケーションや好意に差が生まれて上手くいかないことが多いです。

セフレだから、恋人だからではなく、人としての信頼関係を築ける人が、セフレからの本命昇格ができたり、長くひとりのセフレとやっていけるのです。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!