濡れやすいと自覚している女性は5割!女性が濡れるのはどんなとき?

エッチのときに濡れやすいと自覚している女性はどのくらいるのでしょうか? 『Menjoy!』独自のアンケート調査から、エッチのときに濡れやすいと自覚している女性は5割にものぼることが判明! では、そんな濡れやすい女性に対して、男性の本音とはどのようなものなのでしょう。リアルな声をリサーチしてきました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Ⓒstock.adobe.com

1:濡れやすいと感じている女性は多い?

エッチのときになかなか濡れずにつらい……。そんな女性の話って、けっこうよく聞きますよね。では逆に濡れやすいと感じている女性はどれくらいいるんでしょうか。

そこで今回『Menjoy!』では、20~30代の女性233名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「エッチのときに濡れやすいと感じますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

濡れやすいと感じる・・・125人(53%)

濡れやすいと感じない・・・108人(46%)

濡れやすいと感じると答えた女性がやや多かったものの、ほとんど半分くらいに分かれる結果に。

 

2:濡れやすい女性の特徴5つ

エッチ中に濡れやすい女性には、どんな特徴があるのでしょうか。

(1)水をよく飲む

濡れやすい女性は、水をこまめに摂取している人が多いようです。よく水分を摂っているので、体内に水分がたっぷり蓄えられているのでしょう。セクシー女優の中には、撮影前にたっぷり水分補給をして、スムーズにするという人もいるそうですよ。

(2)手がしっとりしている

手がしっとりしている女性は、体が潤っていて血行がいい人ともいえます。それが、エッチのときにも濡れやすさに関係しているといわれています。握手や手を繋いだときに、手の平がしっとりしている女性はエッチのときに濡れやすいかもしれません。ただし、それを口にするとセクハラになりますから注意してください。

(3)エッチで緊張しない

心も身体もリラックスしてエッチを楽しめる女性は、濡れやすくなるでしょう。本当に好きな人や初めての相手とのセックスは緊張してしまうもの。そうすると身構えてしまい、濡れなくなってしまうこともあります。濡れにくいと悩んでいるなら、セックス前にしっかりコミュニケーション取るなどして、心の緊張をほぐすといいかもしれませんね。

(4)体が敏感

セックスで毎回絶頂を迎えられる女性というのは、感度が高く、結果として濡れやすい体の持ち主でしょう。敏感で、どこを触っても感じやすいような女性も同様。気持ちいいポイントが多ければ多いほど、心がセックスを求めてカラダが受け入れ態勢をつくり、自然と潤ってくるのです。

(5)想像力豊か

エッチな妄想をするのが得意で想像力豊かな女性も、エッチのときに濡れやすい特徴があります。エッチな動画や漫画、映画などを見て「もし私がこんなエッチなことをされたら……」とリアルな想像ができると、彼氏との慣れたエッチのときも、妄想力を駆使することで濡れやすくなるでしょう。

 

3:女性が濡れるのはどんなとき?4つ

ではそもそも、女性が濡れるのはどんなときなのでしょうか。

(1)性的に興奮したとき

アダルト動画やエッチな漫画などを見るなどして性的に興奮すると、女性は濡れやすくなります。また、好きな人や恋人などの香水や肌の香りを思い出すことで、性的に興奮する場合もあります。

(2)デート中

デートでイチャイチャしていると「このあと、エッチなことをするかもしれない」という期待で胸がいっぱいになり、濡れてくるという女性も多いです。その逆で、相手がエッチなことをする素振りがないときに、焦らされていることに興奮するという女性もいます。

(3)酔っ払ったとき

お酒を飲んでほろ酔い気分のときにも、女性は濡れやすくなります。アルコールによって血行が良くなって体温が上がり、それに伴って自然と濡れやすくなるようです。お酒が入ると楽しい気持ちになって、性に開放的になるからというのも理由でしょう。

(4)キスやスキンシップをしているとき

キスやスキンシップなど、これから本格的にエッチなことが始まりそう……という予感も、女性が濡れてくるきっかけに。相手の舌で、自分の舌や唇の気持ちいい部分を刺激されたり、舌で舐め回す音やエッチなキス音を立てられると、耳からも感じて興奮は最高潮に……。

 

4:濡れやすい女性に対する男子の本音3つ

濡れやすい女性に対して、男性はどのように感じているのでしょうか?

(1)エロい女だなって思う

「この間、合コンで出会った女の子とそのままホテルに行ってエッチしたんですが、めちゃめちゃ濡れやすい子でした。ちょっと触っただけですぐに濡れてきて、簡単に入れられました。最中もどんどん愛液みたいなのがでてきて、滑りも抜群。最高に気持ちよかったですね。

ただ、ほかの男ともきっとこんなふうにワンナイトを楽しんでいるんだろうなとも思いましたね」(Yさん・27歳男性)

(2)興奮してくれて嬉しい

「今の彼女は濡れやすい体質みたいで、エッチをすると、毎回シーツを洗濯しなくちゃいけないほどアソコがぐしょぐしょです。

俺のことを大切に想ってくれているように感じるし、俺に興奮してくれてすごく嬉しいです。もっともっと大切にしたいって思いますね」(Cさん・25歳男性)

(3)男性経験が豊富なのかと思う

「今のセフレはいつエッチしても、しっかりとアソコが濡れています。どこを触れても感じてくれるし、反応もいいので最高です。今までエッチしてきたどの女性よりも敏感にリアクションしてくれるから、きっと男性経験も豊富なんだろうなと思っています。まぁ、セフレなんで気にならないですけどね」(Fさん・31歳男性)

 

5:濡れないからと焦らないで!

独自のアンケート結果からも、濡れやすい人と濡れにくい人が半々であることがわかりましたよね。もし自分が濡れにくいとしても、焦らないでください。焦れば焦るほど、心も体も強張ってしまい、さらに濡れなくなるという悪循環になってしまいます。

最近はローションなどの潤滑液もさまざま販売されているので、そういったものも活用してみてくださいね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!