穏やかな人に憧れる!穏やかだと言われる人の特徴と心の平穏の保ち方

穏やかな人に対して、どのような印象を持ちますか? 周囲から「穏やか」言われる人は、モテるタイプも多いですよね。そこで今回は、穏やかだと言われる人の特徴をチェック。穏やかな人になりたい人必見の、心の平穏の保ち方や、すぐできるコツをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:穏やかな人になりたい…英語で言うと?

感情の起伏が激しい自覚がある人なら、「穏やかな性格になりたい……」と思うことも多いのではないでしょうか。穏やかな人のまわりには、その居心地の良さから、さまざまな人が集まりやすいでしょうし、ストレス社会でもしなやかに立ち回れそうです。

ちなみに「穏やかな人になりたい」を英語で表現するなら「穏やかな人」の直訳となる「peaceful person」を使って表すことができます。例えば「I wanna be a peaceful person」。

その他にも、「心が穏やか」を表す「calm」などを用いて表すこともできます。

 

2:職場で穏やかな人と言われる人の特徴7つ

まずは穏やかな人について見ていきましょう。一般的にどんな人が穏やかと言われるのか? 7つの特徴を紹介します。

(1)滅多に怒らない

人間なら誰しも、どうしても許せないことが起きたなら、怒って当然です。しかし穏やかな人は、滅多に怒らないというのが特徴のひとつ。内心では怒りを感じていたとしても、表面上は穏やかにできるのです。そんな人なら「穏やかな人」という印象が強くなるでしょう。

(2)トラブルが起きでも心に余裕がある

トラブルが起きたときは、ついつい慌てふためいたり、イライラしたりしてしまうもの。しかし、そこで余裕を持って対応できることも、特徴として挙げられるでしょう。何があっても動じない姿勢を持つことが「穏やかな人」の条件とも言えるかもしれません。

(3)人の陰口や文句を言わない

他人の陰口や、文句が多い人は、穏やかな印象からは遠くなるでしょう。周囲が何を言っていても、自分だけはそこに流されることなく、悪口や文句などを控える性格の持ち主は、穏やかな性格と思われやすいでしょう。

(4)やわらかい表情をしている

常に仏頂面でいたり、怒っているような表情が多かったりする人は、穏やかな性格には見えにくいのも現実でしょう。逆に、いつもうっすらと微笑むようなやわらかい表情をしている人は、周囲からも好印象。穏やかな性格と言われることも多いでしょう。

(5)優しい雰囲気がある

特に意識しているわけではなくとも、オーラのようにその人からにじみ出ている雰囲気によっても、他人からの印象は変わります。「穏やかな人」と言われる人の多くは、攻撃性に乏しく、優しげな雰囲気をまとっているのも特徴です。

(6)美しい言葉遣いができる

男女問わず、穏やかな性格の人といのは、美しい言葉遣いにも長けています。汚い言葉や過激なフレーズを口にすることはありません。これが穏やかな印象に拍車をかけていると言えるでしょう。

(7)落ち着いた口調

言葉遣いが美しいだけでなく、いつも落ち着いた口調で話すことができるのも「穏やか人」の条件。焦ったような話し方や、怒ったような口ぶりではなく、聞き手がホッとするような優しいトーンで話すことができるのです。

 

3:穏やかな人になるには?心の平穏を保つ5つの習慣

穏やかな人を目指すなら、日ごろの振る舞いを変えてみるのも方法です。そこで、心の平穏を保ちやすくなる5つの習慣をご紹介します。

(1)過剰反応をしない

いいことでも悪いことでも、何かがあったときに過剰反応をしてしまうと、穏やかな印象からは遠ざかります。どんなことが生じたときにも、過剰に反応しないよう努めることも、心の平穏を保つのに有効な方法でしょう。

(2)他人と張り合わない

他人と張り合う癖がある人は、つい雰囲気もギスギスとしたものになりがちです。また負けず嫌いな性格が表に出てしまう人も、尖った印象になりやすいでしょう。穏やかな人になるには、他者と自分を比較する癖をやめることも有益です。

(3)深呼吸を意識する

イラっとしたときや不安を覚えたときは、つい呼吸が浅くなりがちです。心の平穏を保ちたくても、呼吸が浅いと、焦燥感が増してしまうもの。そんな場面では、ゆったりと深呼吸することが役立ちます。日常的に深呼吸を意識することで、心の平穏を保ちやすくなるでしょう。

(4)笑顔を心がける

穏やかな表情を目指すなら、日ごろから笑顔でいるよう努めることが大切です。どんなときも、笑顔を心がけることで穏やかさを身にまとうことができるでしょう。また、あまり大きな声で笑うのではなく、笑みを浮かべるくらいがベスト!

(5)丁寧な話し方を心がける

話し方が雑な人を想像してみてください。穏やかという雰囲気からは遠い人が多いのではないでしょうか。丁寧に話すことは、老若男女に好印象を与えやすく、穏やかな印象をつくりやすいもの。身のこなしは心の状態にも影響を与えやすいので、どんな相手に対しても丁寧に接するように心がけてみましょう。

 

4:穏やかな人はモテる!

怒りっぽい人や慌てている人というのは、男女問わず、魅力的に思われにくく、非モテにもなりやすいといえるでしょう。

一方、穏やかな人というのは、「居心地がいい」と思ってもらいやすいもの。感情的になりやすい傾向がある人は、ぜひこの記事を参考に「穏やかさ」について、一度考えてみてくださいね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!