顔が乾燥する原因は?顔の乾燥を保湿するおすすめクリーム5選

外気が寒い季節には、肌の乾燥に頭を抱える人も多いですよね。カピカピのガサガサ肌では、恋愛運も下がってしまいますから、きちんとしたお手入れが不可欠! そこで今回は、顔が乾燥する原因からおすすめ保湿クリーム、また保湿ケアだけに限らない乾燥肌対策などをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:顔が乾燥して赤みや皮むけが…皮膚科に行くしかない?

空気が乾燥する時期は、肌も乾燥しがち。顔に赤みがでたり、皮がむけたりといった症状に悩まされる人も多いですよね。

ローションなどでの保湿をしっかりとして改善されれば問題ありませんが、症状が悪化している場合には、皮膚科で見てもらいましょう。自己判断がさらに乾燥を招いてしまうというケースもありますし、薬で治療したほうがいいケースもあります。

 

2:女性も男性も悩んでいる!顔が乾燥する原因5つ

実際に肌の乾燥に悩んだことのある人に、その原因と思われたことを教えていただきました。

(1)室内の湿度が低すぎた

「結婚して専業主婦になってから、肌のひどい乾燥に悩まされるようになりました。しばらく原因がわからずにいたのですが、ある日、なにげなく湿度計のついている時計を買って、家に置いたらびっくり! なんと、室内の湿度が30%台だったんです。それで慌てて加湿器を置いたら、乾燥肌がみるみる改善しました」(32歳女性/主婦)

(2)保湿不足だった

「コスメとかスキンケアとかに無頓着なほうで、若いころからのお手入れを変えないでいたら、どうやら保湿不足だったらしく、肌の皮むけがひどくなってしまいました。藁にもすがる思いで、デパートの化粧品カウンターに久しぶりに行ってみたら、“うるおいが足りていません”とキッパリ。保湿力の高い化粧水を勧められてました。

その化粧水がかなり高額だったので、心とお財布のダメージが大きかったのですが、それを使い始たらあっという間に皮むけが治って。お値段以上……とはいわないまでも、気持ちまでアガりました。やっぱり高いコスメっていいんですね(笑)」(43歳女性/保育関係)

(3)入浴後、スキンケアまでの時間が長い

「子どもと一緒にお風呂に入るようになってから、いきなり肌の乾燥がひどくなったんです。それまでは乾燥肌に悩んだことがなかったので理由がわからなかったのですが、お風呂から出たあと、スキンケアするまでの時間が30分近くかかっているのがよくないのかと考え始めて……。

子どもの世話を終わらせてから自分のことをしていたので、その間に、肌の水分が失われていたのかも。お風呂場に化粧水とボディローションを持ち込んで、お風呂から出る直前に全身に塗りたくるようにしたら、乾燥が気にならなくなりました」(35歳女性/映像)

(4)メイクをしたまま寝た

「ダメだとはわかっているんですが、お酒を飲んだ夜などは疲れてしまって、メイクを落とさずに寝ちゃうんですよ。その翌朝は、決まって肌がパッキパキに乾燥しているので、やっぱり悪影響なんだなって痛感しますね」(40歳女性/IT)

(5)強風に吹かれた

「アウトドアで遊ぶのが好きなんですが、秋冬の風が強い時期にバーベキューやキャンプに行って強風に当たると、必ずと言っていいほど肌が乾燥します。毎回、保湿力の強い化粧品を使ってメイクの上から使える保湿ローションスプレーをシューしているのですが、焼け石に水っていう感じで。アウトドアで遊んで帰ってきたあとは、必ずエステに行ってメンテナンスしないといけない感じです」(37歳女性/福祉)

 

3:顔の乾燥を防ぐ!おすすめ保湿クリーム5選

肌の乾燥を防ぐ、おすすめの保湿クリームを5つ、一般社団法人 時短美容協会代表理事の筆者がご紹介します。

(1)ニベアクリームC

「青缶」でおなじみ、超ロングセラーのスキンケアクリーム。スクワランやホホバオイルを配合し、保湿力が高く、お値段以上に潤うと人気です。顔だけでなくボディにも使えますし、べたつきにくいので、外出先でのうるおいケアにも適しています。

(2)アンプルール ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEX

クリーム特有のこってりとした使用感が苦手な人でも使いやすい、ジェル状クリームです。美容クリニックで人気がある「美肌点滴」に着目した製品で、うるおいを与えてカバーする「保水マスク効果」が特徴。滑らかな塗り心地なので、乾燥で肌がざらついているときにも、スゥっとなじみます。

(3)ルルルン モイストジェルクリーム 保湿タイプ

こちらもジェルタイプのクリームなので、ふわっと軽いつけ心地。美容オイルがゲルで包まれているので、化粧水やフェイスマスクのあとに使う「閉じ込めケア」にはもちろんのこと、フルのお手入れがめんどくさいときなどは、洗顔後にこれだけつけてケア終了!ということもできちゃいます。

(4)ユースキン ユースキンA

指定医薬部外品。ひび、あかぎれ、しもやけなどに効くビタミン系クリームで、保湿力はお墨付き。赤ちゃんからお年寄りまで安心して使える安全性もうれしいところ。顔だけでなく、全身に使うことができます。

(5)キュレル 浸透保湿クリーム

敏感肌でも使えるコスメブランドとして定評がある「キュレル」の薬用保湿クリーム。弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリー。深刻な乾燥肌や、乾燥して敏感になりがちな肌タイプの人には特におすすめです。

 

4:ひどい乾燥肌にはこれ!顔にワセリンを塗るときの注意点5つ

ひどい乾燥肌に悩んでいるときには、ワセリンも味方になります。しかし使い方を誤ると、かえってお肌の状態が悪くなるという人もチラホラ……。顔にワセリンを塗るときの注意点を、実際にワセリンで保湿ケアをしている人から聞きました。

(1)寝る時は目の周りにつけない

「私の場合、寝る前にワセリンを塗っておくと、翌朝には肌の乾燥が改善されていることが多いです。でも、目のまわりに塗ってしまうと最悪で、目にワセリンが入ってしまってとにかく痛い!

目の下のシワがいちばん気になるので、目元にたっぷり塗りたいところですが、それは起きているときだけにしていますね。それでもまつ毛についたワセリンがちょっとした瞬間に目に入っちゃったりすることがあるので、ワセリンをまぶたの下につけたら、その上にサイズに切ったティッシュを乗せてカバーするようにして、落ち着くまで待ちます」(27歳女性/映像)

(2)メイク前は避ける

「乾燥が気になったとき、家にあるワセリンを塗ってからメイクをしたことがあるんですけど……。メイク直後はいい感じのツヤ肌に見えたのに、油のせいなのか、崩れっぷりがヤバかったです。それ以来、メイク前のクリーム代わりにワセリンを使うのはやめました。寝る前などのスペシャルパック用がいいんですかね」(26歳女性/保育)

(3)肌に異変が出たら使用をやめる

「昔からワセリンを使って全身の保湿をしてましたが、最近は出産後のせいか肌がデリケートになったみたい。顔にワセリンを塗ると、痒くなることもあって……。そういうときは、すぐにぬるま湯で洗い流しています。大丈夫なときもあるので、その日の体調やリズムに関係あるのかもしれないですね」(30歳女性/専業主婦)

(4)保湿ケアの最後に使う

「ワセリンで保湿すると、顔に薄い膜のパックをしているような感覚になります。なので、スキンケアの最後に使うのが、私の中ではベストですね。逆に、ワセリンを塗った肌に化粧水などをつけても、なかなか内側まで届かない感じ。ブースター効果はあんまりないんじゃないかな……。でも、お手入れの最後に使うと、潤いをしっかり閉じ込めてくれる感じがして気に入っています」(31歳女性/サービス)

(5)付けすぎるとベタベタ

「ワセリンは、付けすぎるととにかくベタベタになります。塗った直後には“ちょうどいいかも”って思っても、しばらくすると、ちょっと塗りすぎた……ってなることも多いですね。適量は人によって違うと思うんですけど、失敗を避けるには、少量ずつ塗っていくのがいいと思います。お肌の状態や、その日の湿度によっても、適量が違うので、けっこう難しいんですよね〜」(32歳女性/食品関係)

 

5:保湿以外にも?顔の乾燥肌を改善する方法5つ

乾燥肌の改善が狙える保湿以外の方法を5つご紹介します。

(1)湯船にゆっくり浸かる

「私は、乾燥を感じた日には、必ず入浴することにして、湯船に長めに浸かります。バスルームの蒸気もお肌にいい効果が得られるのか、シャワーだけで済ませるよりも、早く乾燥が落ち着きますね。入浴剤も保湿効果のあるものを選んで、バスタブに浸かりながら、ちょっと顔にも塗っています。入浴後には、たっぷりの保湿ケアも欠かしません」(34歳女性/秘書)

(2)サプリメントを摂る

「肌の乾燥も肌荒れの一種かなって思っているので、サプリメントで栄養を補っています。私は、ビタミンBを摂るとお肌の状態が改善しやすいので、だいたいビタミン系のサプリメントやドリンクを取り入れています。食べ物でとると、カロリーが気になっちゃう。肌の乾燥が収まっても太っちゃたらシャレにならないじゃないですか(笑)。

友達は資生堂の“飲む肌ケア”とか、サプリじゃなくてトクホだけど、オルビスの“ディフェンセラ”を続けているって言っていました。こういうのって、すごく効果があるっていうのはわからないけれど、現状維持できる感じは確かにあるから、止められないんですよね」(30歳女性/ヨガインストラクター)

(3)スチーマーをあてる

「乾燥がひどいときには、メイク前などに、スチーマーをあてています。効果がないっていう人もいるけど、一瞬であってもウルウルの肌になるので、私は好きですね。メイクする直前にスチーマーをしておけば、半日くらいは、うるおい肌が持続している気がしますし、使う前と比べると、断然メイク崩れしにくくなったと思っています」(34歳女性/メーカー)

(4)菌活する

「お肌の状態をアゲるのに菌活がいいと聞いて、継続中です。乳酸菌サプリメントを毎日摂っているのと、日常的な食事でも発酵食品を多く摂るようにしています。この習慣を始める前よりも、今のほうが乾燥に悩まなくなったので、私には効果があると思っています」(36歳女性/スポーツ)

(5)良質なオイルを摂る

「オメガ3とかの話題のオイルを摂るようにしてから、肌の乾燥も薄れてきた気がします。私の肌は油分が不足していたのかもしれません。乾燥肌がマシになっただけでなく、お通じも改善したし、全体的に肌の透明感が増した実感もありますよ」(34歳女性/教育)

 

6:肌の乾燥はお手入れ次第で改善できる!

お肌の乾燥を放置していると、悪化してしまう可能性も。ガサガサの肌はモテを逃す引き金にもなります。空気が乾燥している季節こそ、しっかりとしたお手入れを心がけたいところです。保湿を中心としたスキンケアや食生活の改善は、お悩み解消の一助となるかもしれません。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!