不倫日記で不倫を卒業!不倫のデメリットと不倫をやめた人のエピソード

不倫をしているけれど本当はやめたいと思っているならば、今すぐ行動に移ししましょう。その後押しとなってくれるのが「不倫日記」です。個人的に不倫中の心情を綴るだけにとどまらず、最近ではブログに書いているという人もいて、大変参考になります。そこで今回は、不倫日記の実態とともに、不倫のデメリットと不倫をやめた人のエピソードをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©︎stock.adobe.com

1:不倫経験者がネットにアップしている「不倫日記」が不倫をやめる後押しに…

ネットで公開されている個人ブログ。中でも、不倫経験者が赤裸々な体験をつづっている「不倫日記」は、不倫をやめる後押しになってくれる存在です。

友人にもなかなか相談できない関係だからこそ、インターネットを使って、ひとり静かに読める不倫日記は、不倫に悩む人々にとって、大きな助けとなることでしょう。

 

2:不倫はなぜやめるべき?「不倫日記」に学ぶ不倫のデメリット5つ

ここからは、不倫日記ブログから学ぶことができる、不倫のデメリットを改めて見ていきましょう。

(1)離婚となるといろいろ大変

ダブル不倫の末に夫と離婚した「さーや」さんが運営する「さーやの不倫日記」には、大好きな不倫相手との日常が綴られています。

その後、不倫相手も離婚へと着手し、一見すると幸せを手につかんだように思える展開ですが、そこに至るまでの数々の苦労や罪悪感などを想うと、ひと筋縄でいかない現実も読み取れるでしょう。

(2)慰謝料が発生する

夫の浮気が発覚し、相手の女性に慰謝料を請求する「かもてぃ」さんが、妻の立場で綴っているブログ「旦那の不倫日記」には、信じていた夫に裏切られた妻の苦悩や怒りが赤裸々に書かれています。

不倫をすれば、当然ながら相手の配偶者から慰謝料を請求される立場になることを、改めて痛感できる記事が満載です。不倫をしている男女には戒めとなる不倫日記と言えるでしょう。

(3)誰かを深く悲しませる

不倫の事実が発覚すれば、相手の配偶者をはじめ、子供や親などの家族を深く悲しませる事態にもなるでしょう。

多くの不倫日記を通じて、妻バレ、夫バレなどの実態を知れば、すでに結婚している立場にある以上は「好き」だけで自由に恋愛できる立場ではないことを、改めて肝に銘じる必要があります。

(4)基本的には将来がない関係である

不倫日記の数々を読んでいくと、その多くは「別れ」の結末を迎えています。これは、不倫関係にある男女は、基本的には将来がない関係であることを改めて裏付けるもの。

どんなに将来を約束していたとしても、実際に結ばれる不倫男女は稀です。ただ時間だけを費やし、無駄な時間を過ごすことになるのも、不倫のデメリットといえるでしょう。

(5)嘘しか存在しない関係である

「不倫をやめたい人の背中を押せるかもしれないブログ」と副題がついている、匿名の既婚男性が運営するブログ「不倫日記」には、“不倫には嘘しか存在しない”といった名言や、不倫の復縁を望む既婚男性の心理が赤裸々に綴られています。

このブログからは、不倫をする男性のズルい心理がわかるため、「不倫相手から、どんなに耳ざわりのいい言葉を聞いていても、それは嘘である」という気づきが得られるでしょう。

 

3:先人に続け!不倫を断ち切った人のエピソード3つ

実際に、不倫を断ち切った経験がある人からの話も、それぞれに衝撃的です。

(1)不倫が噂になり左遷

「以前勤めていた職場の同僚と不倫していましたが、1年ほど付き合ったころ、私たちのことが社内で噂になってしまいました。

するとまもなく、彼には左遷的な意味が込められた転勤の辞令が……。

物理的に遠距離となり、気軽に会えなくなったことから、結局は疎遠になって別れました。それから10年経った今、彼は結局そこから出世できないまま、同じ会社にいるらしいです。

不倫がなければもっと出世できていたような仕事のできる人だったので、申し訳ない気持ちでいっぱいです……」(40歳女性/サービス)

(2)奥さまに知られて…

「結婚したいほど好きだった不倫相手がいましたが、彼の奥さまに知られ、慰謝料を請求されました。それを機に彼とは別れることになりました。

最初のうちは涙が止まらない日々を過ごしていました。けれど、結局は自分が人の道に外れたことをした結果だと受け止め、彼への気持ちを無理やり断ち切りました。今でもたまにLINEがきますが、未読のまま消去しています」(36歳女性/映像)

(3)親に紹介できる彼が欲しい

「3年ほど職場の先輩と不倫をしていましたが、親が高齢になってきて、会うたびに“孫の顔が見たい”と言われ、このまま不倫を続けていてはいけないと決意しました。

気持ち的には彼のことが大好きでしたが、親を悲しませるわけにはいかないという思いが勝り、彼への気持ちを断ち切ることができました。おかげでちゃんと彼氏ができて、年明けに結婚する予定です。あのとき、冷静に判断できてよかったと思っています」(34歳女性/デザイン)

 

4:不倫を続ければ地獄が待っている

不倫は、長く続けるほどにドロ沼化するリスクが高い行為です。「好き」だけで突っ走ってしまえば、取り返しのつかない事態をも招きかねません。

不倫を続ければ、その先には地獄が待っていることを肝に銘じ、一日も早くまっとうな道へと戻ることが、誤った道に踏み入ってしまった人ができる、最大の軌道修正といえるのではないでしょうか。

 

【参考】

さーやの不倫日記

旦那の不倫日記

不倫日記

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!