草食系女子とは?草食系女子の特徴と恋愛を楽しむ方法3つ

「草食系男子」は有名ですが、最近では「草食系女子」なんていう言葉もあるんです。恋愛に積極的になれない、ガツガツ婚活している人も見ると内心引いてしまう……などという人は、「草食系女子」かもしれません。今回は、そんな草食系女子の特徴と、そんな恋愛温度が低めな草食系女子が恋愛を楽しむ方法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:草食系女子とは?

「草食系女子」とは簡単に言うと、「草食系男子」の女子バージョンです。

昭和、そしてそれ以前の時代において、男性というは「どうやって女を落とすか」ということに命をかけるもの、という古い考え方が存在していました。

しかし平成に入って、男性が恋愛に消極的、あるいは強い興味をもたなくなってきているという恋愛動向が注目され、ガツガツ獲物を狙う肉食動物と対極にある草食動物のようだということで、恋愛社会学の分野で「草食系男子」という言葉が生まれました。

この草食系男子は中世的な魅力があるとして人気が高く、また、それを狙う「肉食系女子」なる言葉も生まれました。しかし、草食動物と同様に、草食系男子たちも逃げ足が早く、獲物を捕獲できなくなってきた肉食女子たちも、次第に草食へと変化(進化?)していったのです。なんだか生物史みたいですね。

そんな「草食系女子」たちは恋愛だけでなく、物欲や出世欲も低く、な~んの欲ももたないといわれます。そのため、華やかな世界が大好きな「港区女子」のように、男性のスペックやモノでは釣られません。うっかり草食系女子を好きになってしまって「どうアプローチがしたらいいの?」と悩んでいる男性もいるようです。

 

2:草食系女子診断!草食系女子の特徴7つ

草食系女子の特徴をご紹介します。項目に当てはまれば当てはまるほど、草食系女子の可能性が高くなりますよ。

(1)恥ずかしがりや

まず、シャイであることが挙げられます。異性や恋愛そのものを必要以上に意識してしまうのです。それが「照れてるんだな」と相手にストレートに伝われば、「かわいいな」「恥ずかしいのかな?」と思ってもらえる可能性もあります。しかし、それはレアケース。「自分、嫌われているのかな?」「なんだか態度が悪いな」などと思われてしまうことも多いようです。

(2)おとなしい

おとなしい性格の女性は、自ら恋愛に積極的に動く!という発想がない人も多いようです。その結果、恋愛において常に受け身。「来るもの拒まず去るもの追わず」というスタンスになればまだマシですが、「来るものがない」という状況も少なくありませんし、「来ても気づかない」というケースも多々あるよう。

(3)自信がない

自分に自信がもてないことで、どうせ好きになってもらえない、失恋して傷つくのがイヤ、といった気持ちになってしまうのも、草食系女子の特徴といえます。どうせ人を好きになっても傷つくだけだから……と自分を守るために恋愛に積極的になれない人も多いとか。

(4)服装が地味

草食系女子の多くは、男性からの好感度を上げようという発想がないため、服装に華やかさがありません。自分の好みと着心地優先でアイテムを選ぶので、ときに奇抜になったり、「ゆるさの具合」が度を超えていたり……。そのため、そもそも男性から見て恋愛対象にならないという傾向も否めないようです。

(5)女同士でいるほうが心地よい

異性と一緒にいるよりも、女同士でいるほうが心地よいと感じるのも草食系女子の特徴です。草食系女子のまわりには、同じタイプの女子が集まりがち。わちゃわちゃと女子会をしている時間は、とても楽しいですよね。嫌なことやつらいことを親身になって聞いてもらえたり、同じような悩みを共有することができたり……。

生あたたかくて心地よい女性だけの時間に慣れすぎてしまい、気を遣ってばかりの恋愛がとてもめんどうで億劫に感じるという人も多いようです。

(6)ひとりの時間も楽しい

草食系女子の多くは、ひとりの時間も楽しいと感じることができます。寂しいから彼氏でも作ろうかな……なんて発想にはならないよう。

おうちで海外ドラマや映画を見て、好きなものを作って食べて、ゴロゴロして過ごす休日……。そんな幸せな時間に慣れてしまうと、わざわざおしゃれをしてメイクをして気を遣って、うまくいくかもわからない恋愛に休日を使うなんてイヤ!という気分になってしまうようです。

(7)セックスが嫌い、苦手

そもそもセックスが嫌い、気持ち悪いという人も草食系女子には多いです。大人になると、恋愛とセックスはワンセットになりがち。しかし、手を繋いだり、ロマンチックなキスをしたりというところまではアリでも、それ以上の生々しい関係はムリと思ってしまう人も。そのため、二次元のイケメンに走るケースも少なくないようです。

 

3:草食系女子が恋愛を楽しむ方法3つ

草食系女子だけど恋愛を楽しみたいと思っている人もいるかもしれません。恋愛を楽しむ方法を3つご紹介しますので、参考にしてみてください。

(1)肉食系男子を狙う

草食系女子の多くは、自分から積極的になれないし、そもそも「好きになる」という感情があいまいであることも。

そのため、まずは相手からリードしてもらって流されてみるのも手。具体的には、ガツガツしている肉食系男子とお近づきになってみましょう。別にいきなり付き合う必要はありません。まずは、LINEなどの交換をして、相手から届くLINEにはできるだけ早く必ず返信するというルールを自分につくるのです。

直接話すよりも、LINEのほうが会話の対策を考えることができます。どういう返しだと相手が喜ぶのかなどを学び、恋愛のスキルを磨きましょう。また、相手にさほど感情がなければ、「どういう服装が好みなの?」などの質問もしやすいでしょう。

質問されて頼られるのが大好きという男性も多いので、どんどん返信してくれるようなら、「悪いな……」などと思う必要はありません。じゃんじゃん質問して、どんどん恋愛メソッドを吸収しましょう。

(2)妄想恋愛してみる

生身の男性との恋愛はムリ……と感じている草食女子は、妄想恋愛をしてみましょう。身近な男性を主人公に、その人がどういう男だったら魅力的になるのかをまず妄想するのです。そして、その人と自分がどういうシチュエーション、設定、セリフのやりとりがあれば恋愛が始まり、そしてステキな付き合いになるのか、できるだけ詳しく、具体的に妄想していきましょう。

それだけで、疑似恋愛が楽しめるということもありますし、ずっとその人を観察しているうちに、恋ゴコロが芽生えるかもしれません。また相手も、見られていることに気が付けば、あなたを意識するかも……!

万が一、彼から告白されても、どんなふうに返答すれば自分の理想どおりの展開になるのか、すでにシミュレーション済みでわかっているわけですし、相手がどこを変えれば自分好みのカッコいい男になるかもわかっています。安心してお付き合いに臨めるのではないでしょうか。そうでなくても、完成度の高い「妄想恋愛」のシナリオは、次の恋愛に必ず役に立つはずです。

(3)自分は草食系だということを公言する

恋愛が嫌いなわけではない、ただ、自分から積極的になれないだけ……。そんな草食系女子の場合は、「私、草食系女子タイプなんですよ」とふれまわってみましょう。

特に、「この子、男嫌いなのかな」「自分、嫌われているのかな」と思っていそうな人に対して、積極的にアピールしていきましょう。男性の多くは、ウブな女性が大好きです。嫌われていないことがわかれば、安心してアプローチできるという男性も多いです。まずはあなたから、「来てくれれば受け止めます」という姿勢を広めていきましょう。

 

4:まとめ

たとえ草食系女子だとしても、恋愛がしたければ、エサくらい撒いておかないといけません。何もせずともどんどん男が寄ってくる……というくらいの美貌や魅力があれば別ですが、「普通」に「ちゃんと」好きな人にアプローチできる人から幸せをつかんでいくのです。

もちろん、恋愛なんて本当にイヤだし一生おひとりさまで生きていくつもりというのであれば止めませんし、それも楽しいとは思います。しかし、「後悔先に立たず」ということわざがあるということも忘れないでくださいね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!