トーク力が高いほうがモテるの?トーク力診断とトーク力を鍛える方法

コミュニケーション能力が高い人って、憧れますよね。トーク力が高い人のほうが絶対にモテると考えている人も少なくありません。しかしトーク力というのは、一朝一夕に身につくものではなく、口下手な人からすれば、うらやましく思うような能力のひとつでしょう。そこで今回は、トーク力が高い人の特徴や、会話のスキルを鍛える方法について見ていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:トーク力が高いとモテる?

恋愛においてコミュニケーションは重要な要素。そう考えると、話し上手でトーク力のある人のほうがモテそうに思いますが、それは事実なのでしょうか。

今回『Menjoy!』では、20~30代の男女500名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「トーク力が高い人はモテると思いますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

絶対にモテると思う・・・347人(70%)

それほど関わりがないと思う・・・111人(22%)

モテないと思う・・・42人(8%)

約7割の人が、トーク力が高い人のほうがモテると感じているようです。やはり「男は黙って……」「女は無口で慎ましやかなほうが……」なんていうのは昔の話。

トーク力とモテは、強く関わっていることがわかりますね。

 

2:トーク力が高い人の特徴をチェック!トーク力診断5つ

では、トーク力が高い人って、どんな人のことを言うのでしょうか。自分が当てはまるかどうかもチェックしながら見ていきましょう!

(1)初対面の相手でも緊張しない

初めて会う人とは、緊張してなかなか上手に話せない……という人も多いのではないでしょうか。しかし、はじめましてのシチュエーションであっても、どんどん会話ができる人っていますよね。こういう人は「自分がどう見られるか」についての恐怖心が薄く、対人関係において緊張しにくい性格なのかもしれません。

(2)誰とでもすぐに仲良くなれる

人付き合いをしていると、どうしても自分に合う人と一緒にいることを選びがち。でもトーク力が高い=コミュニケーション能力が高い人は、会話が弾みどんな人とでもすぐに仲良くなれます。

(3)人の話をよく聞く

話し上手ということは、相手を飽きさせない努力をしているということ。つまり自分の話ばかりを聞かせるのではなく、相手からもちゃんと情報を引き出して、それを会話につなげていくことができるのです。つまり、相手に興味を持って話を聞くからこそ、会話のヒントを見つけられるのでしょう。

(4)人の目を見て話せる

目を見て話すのはマナーとよく言いますが、苦手な人や初対面の人には目を合わせられない、恥ずかしいという人も多いですよね。でも「目は口ほどに物を言う」と表現されるように、目というのは大事なコミュニケーションツールでもあります。

なかなか目が見られない人は、相手の鼻を見て話すのがおすすめ。目を見ているように見えますが、実際は目を合わせずにいられます。

(5)身振り手振りを使って伝えている

ただ話しているだけでは相手に伝わりづらかったり、飽きさせてしまうことも。身振り手振りなどのジェスチャーを使うことによって、相手に興味を持ってもらえるきっかけとなり、会話がスムーズになることも。トーク力が高い人というのは、こういった全身を使ったコミュニケーションが得意なのです。

 

3:トーク力を鍛える方法5つ

ここからは、トーク力を鍛える方法をご紹介します。

(1)お手本を探す

自分の身近にいる人の中から、お手本になる人を探してみましょう。プレゼンが得意な人や、人付き合いが得意な人を参考にするといいでしょう。筆者の友人の中には、テレビで見る芸人さんのトークを参考にして、話下手を克服したという人もいました。

(2)相手の話をよく聞く

相手の話を聞くことで、会話のヒントが見つかるはず。話すのが苦手という人は、まずは相手の話をよく聞くことから始めましょう。相手の会話の中で興味が持てる部分を見つけることが大事。それについて触れることで、話が長続きしますよ。

(3)リアクションは大きめに

相槌やリアクションは大きめにするようにしましょう。「ちょっとやり過ぎかな?」と思ったとしても、リアクションが薄いよりはマシ。「話をしっかり聞いてくれてるんだ」と思われて、好感を持ってもらえる可能性が高まるでしょう。

(4)褒め上手になる

「褒め上手はモテる」ともよく言いますよね。実際、相手の気分が良くなることで、会話や物事がスムーズにいくことは多いもの。褒めるためにいちばん大切なのは、恥ずかしがらないこと。ゴマをすったり、お世辞をいう必要はないので、自分が思った相手の長所を素直に言うようにすることが大事なのです。

(5)文字に起こす

伝えたいことはあるんだけど、話してみるとうまく言葉に表せないという人も多いそう。きっと真面目で難しく考えてしまうタイプ。そんな人は、自分の伝えたいことを、紙に書き出してみるのもいいでしょう。書き出すことで、自分が何を伝えたいのかを把握することができ、会話もスムーズになるはずです。

 

4:トーク力や会話力をつけるには?おすすめの本3選

(1)『伝え方が9割』佐々木圭一

業界の第一線で活躍しているコピーライターが著者ということで、伝え上手としての考え方や技術がたくさん載っています。普段の生活にも応用しやすいので、読んでみる価値あり。

(2)『伝わる!修造トーク』松岡修造

日本一熱い男として、テレビでも引っ張りだこの松岡修造さんの著書。この本を読むと、松岡さんはただの熱血男ではなく、人により伝わりやすいことを考えていることがわかります。プレゼンや面接など、ビジネスにも活かしやすい内容が書かれています。

(3)『マンガでわかる!誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方【会話がとぎれない!話し方シリーズ】』野口敏

本を読むのが苦手……という人は、マンガで学ぶのももちろんアリ! さまざまなシチュエーションがショートストーリーでまとまっているので、楽しみながら学ぶことができるでしょう。

 

5:まとめ

仕事でも恋愛でも、トーク力が高いほうが、きっと物事もうまく進むはず。身近にいるお手本になる人を参考に、トーク力を磨いてくださいね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!