ひとりエッチはカロリー消費しない!自慰行為がダイエットに効かない理由

ひとりエッチがダイエットになるっていいうウワサがありますが、本当なんでしょうか。実は、セックスと比べてもひとりエッチは大したカロリーは消費しないと言う説もあります。そこで今回は、この件をフィーチャーするとともに、カロリー消費以上に得られるひとりエッチのメリットをチェックしていきましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:ひとりエッチダイエットなんていうけれど…

「エッチは体力使うし、汗もかくからけっこう痩せる!」などという話もよく聞きますよね。では、ひとりエッチはどうでしょう。

確かに終わった後にグッタリするので体力は使っていそうです。でも、痩せられるほどカロリー使うものでしょうか。

ダイエットにもいろいろな観点があって、一概にどれがダイエットに効果的かというのはいいにくいですが、結論から言ってしまうと、なかなかダイエット効果はいえなさそう……。

以下にその理由をまとめてみました。

 

2:ひとりエッチがカロリー消費しない理由5つ

ひとりエッチの消費カロリーがゼロというわけではありません。人間、生きていればそれ相応の消費カロリーがあります。とはいえ、痩せる=摂取カロリー以上にカロリー消費すると考えると、そこまではいかないというのが現実のようです。その理由を見ていきましょう。

(1)あまり動かないから

ひとりエッチは自分がいちばん気持ちよくなり、かつラクな姿勢一択というケースが圧倒的です。また、ひとつの体勢からほぼ動かないため、絶対的な運動量が、セックスとは比較にならないくらい少ないといえるでしょう。運動量が少なければ、カロリー消費量もおのずと少ないというわけです。

(2)パートナーがいるからこそ消費が多いから

エッチをする際には、愛情表現としてパートナーとイチャイチャする時間がありますよね。体位も変えるし、めちゃめちゃ激しく動いたりもします。また、相手に気を遣うぶん、神経もすり減らします。一方、ひとりエッチというのは、基本的にフリーダム。そのぶん気疲れもなく、カロリー消費量も少ないのです。

(3)あまり声を出さないから

パートナーとのエッチは、好きだからこそついつい声が出てしまう人もいますよね。カラオケに消費カロリーが表示される機能があることからもわかりますが、声を出すことでもカロリーは消費されます。

でも、ひとりエッチでギャーギャー言う人って、あんまりいないんじゃないでしょうか。声を出さないぶん、ひとりエッチはカロリー消費量がセックスよりも少ないといえます。

(4)イクまでの時間が短いから

セックスは相手次第で長引くことがありますが、ひとりエッチというのは自分次第。イクことが目的になりがちなので、気持ちいいところをピンポイントで攻めて、チャチャっと終わらせるという人も多いですよね。時間が短ければ、そりゃカロリー消費量だって少ないですよね。

(5)お腹が空くから

ひとりエッチをして性欲が満たされると、「次は食欲!」となる人も多いでしょう。欲望には限界がありません。ひとつ手に入れたら満足というわけにはいかないのです。ということでついつい食に走ってしまう……ということになれば、痩せるどころか当然太ります。

 

3:カロリー消費よりも大きなメリットが!ひとりエッチをするといいこと4つ

ダイエット効果はあまり期待できなくても、ひとりエッチには別のメリットがあります。

(1)イキやすくなる

自分の気持ちよくなれる方法やポイントを知ることで、パートナーをさりげなく誘導することができるようになります。また、自分がどう動けば気持ち良いかもわかるように。さらに、ひとりエッチで快感に慣れると、体がイキやすくなる点もポイント。パートナーに満足感を与えられるとともに、自分もイケることで、セックスで幸福感を得られやすくなるというのもメリットです。

(2)エッチな魅力が溢れる

「セックスでキレイになる」なんていう話が、まことしやかにいわれている昨今ですが、異性のニオイがしない人は、カサついて見えるというのは事実でしょう。自分を喜ばせることができる人は人を喜ばせることもできるとも言われています。なんかこれってエロくないですか?

(3)リラックスできる

ひとりエッチをするときって、自然と深い呼吸になりますよね。お腹に力が入ったり、ため息のような声が口から洩れたり……。それって限りなく腹式呼吸。腹式呼吸は、副交感神経をオンにし、心身をリラックスさせる効果があると言われています。ひとりエッチが気持ちいいと感じるのは、性感帯への刺激のせいではなく、実は深呼吸のおかげでトランスモードに入っているからなのかもしれませんよ。

(4)ストレス発散になる

「ひとりエッチで、ドーパミンやオキトキシンなどの幸福ホルモンと呼ばれる物質が分泌されるため、幸福感を感じやすくなる。それがストレス発散にも繋がり、心身ともに健康的になれる」といったことを解説じている論文が、海外にはあるようです。真偽のほどはわかりませんが、ストレス発散を感じている人は多いのではないでしょうか。

 

4:まとめ

パートナーとするエッチと比べると、ひとりエッチは大したカロリーは消費されません。ですが、それ以外に大きなメリットがたくさんあります。とはいえやりすぎるとセックスに物足りなさを感じてしまうこともあるので、くれぐれもほどほどに……。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!