30歳、上京12年目。私が地元に帰りたくない理由【第二話・前編】ーシンデレラになれなかった私たちー

「東京に残ることを選ぶか、地元に戻ることを選ぶか」──夢や希望を抱いて、地方から上京をしてきた女性は、30歳という節目に何を思うのでしょうか。リアルな女性の心情に迫る恋愛ルポルタージュ連載『シンデレラになれなかった私たち』。今回の主人公は、マキさん(30歳・美容師)。東京で生きることを決意した女性の、地元に帰りたくない理由とは……。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケース2:地元に帰れなくなったアラサー女性

名前:マキ(30歳・美容師)

香川県の高校を卒業後、美容専門学校に通うために上京。以来、東京で12年暮らし、美容師として働いている。

30歳という節目を迎えて思うこと…

30歳。女性として、結婚という2文字が現実味を帯びてくる年齢になりました。

18歳で上京し、あっという間に過ぎた12年間。どこかで焦りを感じながら、私にはある安心感がありました。

それは地元・香川に、私のことをずっと好きだと言ってくれている中学時代のクラスメイト、高田くんがいること。

もし、東京で結婚できなくても、「愛する人より、愛してくれる人と結婚する」という選択肢がある……そう思っていました。 

地元に帰るのが嫌な理由

ここ数年、実家に帰るのが億劫になってきました。

「結婚はまだか」

正月やお盆に帰るたびに両親に聞かれ、口うるさくいわれるようになってきたのは、年齢のことを考えると、仕方のないことなのかもしれません。

上京したてのころは「彼氏できたか?」「竹下通りでデートしたか?」とからかってきた親戚のおじさんも、今では「ばあちゃんは飛行機に乗れないから、結婚式は中間地点の名古屋でしたらどうだ」と、恋人の有無をすっとばして、式場の提案をしてくるような始末。

いくら晩婚化が進んでいるといっても、やっぱり私の地元では、20代も後半を過ぎたら、結婚して子どもが生まれているのが当たり前のことなのです。

私だって、女性として、結婚を意識しないわけではありません。

でも私は、東京で美容師になるという夢をかなえ、休日はショッピングに映画、デートに女子会……と、充実した日々を送っていたし、まわりには結婚しない同世代の友達もたくさんいるので、それほどの焦りはありません。

それに、焦らない理由はもうひとつあって……。

地元にいる理解者

仕事に行き詰まったり、東京での人間関係に疲れると、私は高校のクラスメイトだった高田くんによく電話をかけていました。

「高田くんって、マキのこと好きなんだよ」

クラスで、そんな噂が立ちはじめたのは、高校二年生になってすぐのこと。

高田くんは、わがままだった私の言うことを、なんでも聞いてくれる優しい男子。でも正直言って、私のタイプではありませんでした。

男女誰からも好かれるけれど、恋愛対象にはならない「いい男友達」タイプ……。

私はそんな彼の好意に気付かないフリをして、友人関係を続けてきたのです。

高校卒業後、高田くんは地元の大学へ進学。私は上京し、美容専門学校に通いました。

高田くんとは、在学中より卒業してからのほうが仲良くなりました。

会うのはお盆や年末に私が帰省するときだけでしたが、東京でつらいことがあるたびに、私は「香川に帰りたいなぁ」と、電話ごしで泣きながら、高田くんに悩みを聞いてもらいました。

そんなとき、高田くんはいつも「しんどかったら戻ってきたらええやん」と言ってくれました。

そうした言葉を聞くたびに、心のどこかで、「もし東京で結婚できなくても、私には収まるべき場所がある」……そんな安心感があったのです。

同窓会での「婚約」発表

昨年の12月、地元で久々の高校の同窓会がありました。集まったのは24人。そのほとんどが、地元に残っているか、出戻りをしたメンバーでした。

男子はだぼっとしたスエット姿ばかりで、女子は、少し出てきたお腹を隠すロングスカートかジーンズ姿。私はひざ丈のおしゃれなワンピースを着ていきました。心のどこかで「私はみんなとは違う」という自負がありました。

「ここでみなさんにお知らせがありまーす! 4人、前へ~!」

同窓会も中盤にさしかかったとき、学級委員長だった八木くんがさけびました。

「ヒューヒュー!」と歓声があがります。

クラス内カップル紹介だな、とすぐに気づきました。地元に残っている同級生は、卒業してからも会う機会があるので、定期的にカップルが誕生していましたが、だいたいみんな結婚して落ち着いていたので、「あ、まだカップルがいたんだ」というくらいの印象でした。

クラス内で同時に2組のカップルが生まれ、そのうち1組は、すでに婚約しているというのです。そう説明する八木くんにうながされ、みんなの前に立った4人の男女。

その中には……高田くんがいました。

そう、婚約したのは、私のことをずっと好きだと言ってくれた、高田くんだったのです。

 

ー後編に続くー

 

筆者プロフィール

毒島サチコ

愛媛県出身。学生時代から恋愛ライターとして活動し、「Menjoy!」をはじめ、WEBメディアを中心に1000本以上のコラムを執筆。現在、Amazon Prime Videoで配信中の「バチェラー・ジャパン シーズン3」に「妄想恋愛ライター・永合弘乃(本名)」として参加。

 

前回までの連載はコチラ

妄想恋愛ライター・毒島サチコが書く「選ばれなかった人」の物語。【連載】シンデレラになれなかった私たち

「どうして私と別れたの?」元彼が語ったサヨナラの理由【第1話・前編】ーシンデレラになれなかった私たち ー

「もっといい人がいる」の真相とは?7年越しの再会の行方【第1話・後編】ーシンデレラになれなかった私たち ー

 

次回:12月4日土曜日 更新予定

30歳、上京12年目。私が地元に帰りたくない理由【第二話・後編】ーシンデレラになれなかった私たち ー

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!