身長とチン長って関係ある?平均は?男女別の理想的なチン長にはこんな違いも

「男はやたら気にするけれど、女はあまり気にしないものってなんだ?」というなぞなぞがあったなら、答えのひとつとして挙げられるのが「男のアソコのサイズ」ではないでしょうか。今回は、そんな男性のアソコ、いわゆる「チン長」について。身長との関係や平均サイズのほか、男女での意識の違いについてご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:チン長の平均は?正しい測り方は?

(1)チン長の平均は?

多くのアダルトグッズを取り扱い、幅広い年齢層に支持されている『株式会社TENGA』が、50万人分のデータから算出したところ、男性の平均サイズは13.56cm。

ちなみに、同データによれば、亀頭部分の直径の平均は3.53cm、竿部分の直径の平均は3.19cmだそうです。

そして身長とチン長は、多少は比例する性質があるものの、例外も多くあるようです。

(2)チン長の正しい測り方

どこからどこまでが長さ(チン長)なのかというと、「恥骨から先端まで」ということになっているようです。

なので、測り方として、立っている状態で測る場合は、カラダと垂直、床と水平になるように定規を立てます。定規の端を根元の恥骨部分に押し当てて測ります。そのときの長さがチン長ということになります。

 

2:男が考える理想のチン長3つ

サイズとしては、なんとなく大きいほうが理想とされるような気もしますが、実際のところはどうなのでしょう。男性に意見を聞いてみました。

(1)大きければ大きいほど

「僕は自分で言うのもなんですが、僕はけっこう大きいほうです。女性からもよくそう言われます。やっぱり男の象徴ですから、大きければ大きいほうがいいと思いますね。具体的には、15cmくらいはないと大きいとはいえないでしょう。当然、僕はありますよ」(Fさん・32歳)

大きいと、周りからも羨ましがられるし、直接褒められることもあるようです。それが男性としての自信につながっていく部分もあるのでしょう。

(2)人並みがいい

「友だちに、めちゃデカい奴がいるんです。そいつが言うには、彼女に嫌がられているそうですよ。痛いみたいで、あまりエッチしたくないって言われるらしいです。そう考えると、そんなに大きくなくていい、人並みでいいと思います」(Eさん・27歳)

いくら大きくて羨ましがられても、女性から拒まれるのはツライですね。宝の持ち腐れということになりかねません。

(3)大きいと恥ずかしい

「僕のは、通常の状態からけっこう大きくて、ズボンを履いても膨らんじゃうんです。ストレッチが効いたパンツとかだと、モッコリ浮き上がってしまう。それが恥ずかしくて……。だから、ダボッとした服しか着られないんです」(Dさん・27歳)

エッチのときは、大きいというのは有利かもしれません。ただ、普段はそのサイズをもてあますことも多いようで、不便を感じることもあるようです。

 

3:女が考える理想のチン長3つ

では、受け止める側の女性の意見はどうなのでしょう。こちらのほうがむしろ重要かもしれません。女性が考える理想のチン長とは?

(1)大きすぎると痛い

「以前付き合ってた人が、すごく大きかったんです。エッチのとき、なかなか入らないし、いつも痛くて……。ずっと集中できなくて、いまいち気持ち良くなれなかったですね。だから普通がいちばんいいな」(Jさん・28歳)

大きすぎると、女性は痛みを感じたり、違和感を覚えたりすることがあるようです。するとやっぱりエッチにも影響が出てくるでしょう。多少の慣れはあるのでしょうが、快感に変わるかどうかは微妙……といったところでしょうか。

(2)私が狭いので…

「私は一般的な女性に比べて、アソコがちょっと狭いみたいで、たまに、男性のほうが挿入しづらそうにしていることがあります。だから、大きいのはたぶん入りません。そうなると、小さいほうがいいのかな……と」(Rさん・26歳)

男性にサイズがあるように、女性にもサイズがあります。狭いということは、「締まりがいい」ということにもつながってくるのでしょうが、まず入らなければ意味がないですよね。

(3)形のほうが大事

「大きい人ともエッチしたことあるけど、あまり気持ち良くなかったんです。たぶん、その人の形が良くなかったんだと思います。私としては、上に反ってるタイプのほうが気持ちいいので好きです。なので、サイズは普通で、反っているタイプが理想ですね」(Mさん・31歳)

大きさよりも形状によって、感じ方に差が出てくる場合もあるようです。形を重視する女性にとっては、大きさは関係ないということでしょう。

 

4:チン長のせい?こんな体験も…3選

一般的には、大きいほうが重宝されるようなイメージもありますが、必ずしもそうではないようです。大きいのに得をしていない男性のエピソードをご紹介しましょう。

(1)小さなころから大きくて

「小さいときの記憶って、曖昧ですよね。でも、ひとつだけ鮮明に憶えていることがあります。幼稚園のときです。小さなプールがあって、そこでみんなで遊んでいました。子どもなので、水着も何もつけていませんでした。ただ、なぜか先生が僕にだけパンツを履かせてきたんです。それだけハッキリ憶えていて。もしかしたら、子どもなのにやたら大きかったからじゃないかと……」(Sさん・27歳)

(2)初体験を逃した

「高校のときです。先輩に呼び出され、“お前のことを気に入ってる女がいる”と言われました。そしてなんと、いきなりその女性の家にひとりで行くことに。その人は、学校に行っていない、ヤンチャな感じの女性でした。小柄な僕を見て、可愛いと思ったらしいです。そこでキスをされ、パンツの中に手を入れられました。こっちはもうギンギンです。

しかし、それを見た女性が驚いたような顔をして言いました。“思ってたのと違う!”と。僕のは、カラダに見合わずサイズが大きくて……。結局、そこで終了となってしまいました」(Kさん・26歳)

(3)プールで変態扱い

「中学3年生のプールの授業でのことです。男女で授業内容は別ではあるものの、同じプールに入ることになっていました。そこで、僕のアソコに注目が集まってしまったんです。

うちの学校の水着は、ブーメラン型。僕のアソコは、大きいというよりは、とにかく長い。だから、横に流さなければ入りませんでした。すると、形がクッキリと現れてしまうんです。女子の冷たい視線を感じて、気のせいかもしれませんが、“変態”という囁き声が聞こえてきた気がしました」(Rさん・27歳)

 

5:デリケートな問題

身長とチン長は、多少は比例するものの、例外も十分にあり得るようです。なので、カラダつきから予想したのものと実際の大きさがかけ離れていても、ショックを受けないようにしましょう。

大きくても小さくても、コンプレックスを抱いている可能性があります。デリケートな話題なので、優しく接してあげてください。

 

【参考】

日本人の平均ペニスサイズが明らかに!?