さかもと未明さんが語る「本物の愛」を引き寄せる方法7つ【3/3】

さかもと未明さんが語る“本物の愛を引き寄せる方法”。【1/3】では1:人に優しくされたいなら、自分が人に優しくする、2:本当の自分を晒す覚悟を持つ、【2/3】では3:自分が本当に欲しいものを潔く認める、4:向き合う相手に…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さかもと未明さんが語る“本物の愛を引き寄せる方法”。【1/3】では1:人に優しくされたいなら、自分が人に優しくする、2:本当の自分を晒す覚悟を持つ、【2/3】では3:自分が本当に欲しいものを潔く認める、4:向き合う相手にも覚悟を決めてもらう、5:恋愛は真剣勝負で挑む、をお届けしました。

最後に、【3/3】をお伝えします。

 

■6:本物の愛しか求めない

「真剣にぶつかっていくことを怖がる人がいるけれど、それでは本物の愛を得ることはできません。自分を全部ぶつけて、それでも相手が答えてくれるという関係でいたいなら、“愛は魂の交換”であると、まずは理解しなければなりません。

自分も相手も偽物のままで“愛している”なんて言い合っていても、本物の愛を得ることはできません。自分を金メッキで取り繕っているようでは、でくのぼうしか寄ってこないのです。

姫の愛は歓喜も大きいけど、命がけでないと得られないものだから、もちろん傷つくことだってあります。美しくて透明なダイヤのように、宝石にも刃にもなるんです。

でも、王者はいつだって、自分の周りに絶対的な味方がいるか、火あぶりかのどちらかでしょう。クーデターが起きればギロチンになることだってある。命がけの愛にはそのくらいの覚悟が必要なのです」

 

■7:自分を輝かせてくれる男性を日頃から周りに置くようにする

「姫を守る臣下や騎士は、信頼できる男性でなくてはいけませんよね。姫たるもの日頃から徳のある男性を見抜いて、周りにそういう男性だけを置くように意識しましょう。

自分に害を及ぼしたり、一生懸命守ってくれない男性をなんとなく周りにおいては、姫の愛の王国が滅んでしまうからです。

徳のある男性とは、真心と愛を持ち、命がけで女性や子ども、信義のために戦う覚悟を持ってくれている男性。単にお金や地位があり、家柄が良いというようなことではありません。すばらしい男性を見抜く力を身につけてください。

そして、もちろん、自分もそういう男性に守られる価値のある女性にならなくてはいけません。立派な男性といれば、自分も磨かれるし、ちゃんとしようと思うし、そういう人から大事にされる女性になるためにはどうしたら良いかと知恵を絞ることが習慣づく。

そうすることで立ち居振る舞いも意識するようになります。そして、命をかけてくれる男性への敬意や愛があふれてくるはずです。

男と女はそうして互いに敬意を持って繋がるべきもの。そんな愛に出会うことが人生一番の幸せです。決して“馴れ合い”や“妥協”に甘んじず、最高の愛を見つけてくださいね」

 

以上3回に渡って、さかもと未明さんによる“本物の愛を引き寄せる方法”をお伝えしてきましたが、いかがでしたか。

愛で満たされた幸福な人生を手に入れるために、ぜひとも皆さん、実践してみてくださいね!

 

【本物の愛を引き寄せる方法】

※ さかもと未明さんが語る「本物の愛」を引き寄せる方法7つ【1/3】

※ さかもと未明さんが語る「本物の愛」を引き寄せる方法7つ【2/3】

さかもと未明さんが語る「本物の愛」を引き寄せる方法7つ【3/3】

 

【参考】

※ さかもと未明・・・ 神奈川県横浜市出身。漫画家、作家、シンガー。1989年漫画家としてデビュー。皮膚感覚にもとづく官能世界を描き話題に。漫画制作のかたわら、エッセ イ、ルポルタージュ、小説などを次々と発表。情報番組のコメンテーターになるなど活躍の場を広げる。現在は執筆活動のかたわら、ジャズ、ポップスのCD制作、ライブ活動などを行っている。近著に『女子のお値段』(小学館)。

※ 『女子のお値段』(小学館)さかもと未明さんライブトーク!!

日時:6月22日(金)19:00~

場所:紀伊國屋書店 新宿南店3階 イベントスペース ふらっとすぽっと

出演:さかもと未明(著者)、南美希子(キャスター・エッセイスト)、由美ママ(銀座『クラブ由美』のママ)

【画像】

by.亀石利光

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!