「愛され続ける妻」でいるために絶対に守りたいこと6つ【後編】

前回に引き続き、恋愛相談師のマーチン先生に、旦那さんに愛され続ける妻でいるために絶対に守りたいことをご紹介していきます。それでは、残り3つをご覧ください。   ■4:旦那さんを立てる 長く続いている夫婦は、奥さ…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回に引き続き、恋愛相談師のマーチン先生に、旦那さんに愛され続ける妻でいるために絶対に守りたいことをご紹介していきます。それでは、残り3つをご覧ください。

 

■4:旦那さんを立てる

長く続いている夫婦は、奥さんが旦那さんをきちんと立てています。私の知り合いに、女性のほうが7歳年上で15年以上連れ添っている仲のいい夫婦がいるんです。普通、女性が年上で、年齢差が大きいと長く続かない傾向にあるんですが、この夫婦は今でも本当に仲がいいんです。なぜかと思ってよく2人を見ていると、やっぱり奥さんが旦那さんを上手に立てているんですよね。

たとえ、自分のほうが年上であっても、自分の稼ぎのほうが多かったとしても、「一家の大黒柱は旦那さん」という気持ちをもつようにしましょう。そうすれば、自然と旦那さんを立てることができます。

それから、些細なことは彼に譲るというのも大切です。実は些細ことをきっかけにした喧嘩は夫婦仲を悪化させます。でも、所詮は“些細なこと”なのですから、あなたが広い心をもって彼に譲るようにしてはいかがでしょう。

 

■5:旦那の悪口を言わない

友達に旦那さんの悪口を言うのは絶対にNG! 本人の耳に入らなくても、その悪口に自分自身が洗脳されてしまいます。だから、旦那さんのことを友達に話すなら自慢を! もし、つい愚痴が出てきてしまったら「でもね、こんないいところもあるんだよ」と必ずいいことで話を締めましょう。

それから、お子さんがいるのであれば、「お父さんはすごい」ということを教えて欲しいと思います。父親を中心に家庭はまとまるもの。それから、家庭がうまくまとまっているかどうか、夫婦がうまくいっているかどうかで子どもの性格が決まるといってもいいでしょう。間違っても、旦那さんの悪口をお子さんに吹き込むようなことだけはしないでくださいね。

 

■6:「私と結婚してくれてありがとう」と言う

月に1回は「私と結婚してくれてありがとう」と言いましょう。そう言うことで、あなた自身が、いつまでも変わらないかわいい女性でいられます。

「恥ずかしくてそんなこと言えない!」という方もいますよね。そういう人は、レストランで食事したりなど、いいムードになった時に言ってみましょう。「急に何だよ」と言われたら、「ふと思ったから言っただけ」と言えばいいんです。

勇気をもって口に出してみてください。1回言えると次は不思議と言いやすくなりますよ。

 

いかがでしたか? マーチン先生のお話しから、相手を大事にすれば、自分大事にされる、そんな当たり前のことに気づかせてもらえた気がしますね!

 

【マーチン先生にコメントいただいた記事】

※ 恋愛相談師に聞いた!「後悔しない恋愛をするヒント」5つ【前編】

※ 恋愛相談師に聞いた!「後悔しない恋愛をするヒント」5つ【後編】

※ 恋愛相談師に聞いた!ろくに恋愛できないNG男の特徴12個【前編】

※ 恋愛相談師に聞いた!ろくに恋愛できないNG男の特徴12個【後編】

 

【取材協力】

※マーチン・・・作家、恋愛カウンセラー。日本で唯一、恋愛相談のみで生計が立つといわれる恋愛相談のプロ。12年間、延べ4万件を超える相談実績をもち、恋愛メルマガ「マーチン先生の恋愛教室」は読者数2万人を超える。また34歳にして東証一部上場企業のトランスコスモスの相談役に就任するなど、高度なビジネス視野も併せもつ。『30歳からもう一度モテる!大人の恋愛成功法則』(DHC)『“相手の気持ち”を離さない秘密の恋愛ルール』(大和書房)など、著書は20冊を越える。