これでオヤジキラー!奥手女子が「おじさんをメロメロにする」方法3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

フリーライターの池田園子さんに、年上男性をメロメロにする方法について、ご紹介していただいています。

今回は、彼氏が年上だからこそ、やたら効果を発揮するであろうテクニックも交えつつ、3つご紹介したいと思います。さっそく見ていきましょう。

 

■1:服装や髪型を変えたとき、若々しくなったねと褒める

「同い年くらいの彼に言っても効果があるとおぼしき“若々しくなったね!”という言葉は、年上男性には、倍以上の効果を発揮すると思われます。

年上の彼が、急にサーモンピンクのワイシャツを着るようになったとか、イタリア製の細身のスーツを着るようになったなどの場合は“誰かほかに好きな人ができたの?”と不安がるのではなく“若々しくなったね!”これでいきましょう」

納得の一手ですよね。

 

■2:ニュースでもなんでもわからないことがあったらすぐ聞く(頼る)

「TPPとはなにか? とか、ヘッジファンドとはなにか? 次回の参院選では、参議院議員の全数を入れ替えないのはなぜ? など、テレビやネットでニュースを見ていてわからないことがあれば、全部年上彼氏に聞くと、年上の彼はかわいい女子だなあと思います」

これも納得の一手ですよね。年上彼氏をウィキペディアの代わりに活用するといいということでしょう。

 

■3:少し振り回すていどに破天荒になってみる(無邪気さをアピール)

「年下女子の魅力は、なんと言っても、多少破天荒に振舞っても許されることです。同い年くらいの彼氏の場合、彼女が破天荒に振舞うと、ついてこられないこともあります。

また、年の差カップルと言っても、彼氏50歳、彼女40歳という年齢になってしまうと、女子らしい破天荒さをアピールできるチャンスもおのずと減ってきます。

無邪気さをアピールするのは、今でしょう」

そうでしょうね。

 

いかがでしたか?

「年上男性から見る年下女子の最大の魅力は、なんと言っても無邪気で素直で、世間知らずなところです。

そういうところを臆することなく彼にアピールできると、彼はメロメロになると言えるでしょう。アラサーになってろくにものを知らないのは、単なる馬鹿女だと思われておしまいですが、若いときだからこそ許されるのです」と池田さん。

初めて犬を飼う者が、犬の抱き方がわからず、あれこれと犬にとっては迷惑千万なことをやらかしちゃうように、年下女子は年上男性の“取説”を試行錯誤しながら作成する過程に、スイートスポットがあるのかもしれません。

 

【関連記事】

※ 【Menjoy!アンケート大募集】彼にドン引きされた「ぶっちゃけトーク」教えて!

※ 朝も昼も夜も!奥手女子が「年上彼氏を時間帯別にメロメロにする」方法

※ ちょっと縛ってワガママを!奥手女子が「年上彼氏をメロメロにする」方法4つ

※ 疲れている男性が見ると「余計にグッタリしちゃう」女性のあれこれ4選

※ 彼に「付き合っていることを隠したい」と思われてしまう女性の特徴9選

 

【取材協力】

※ 池田園子(いけだ・そのこ)・・・フリーランスの企画ライター/ディレクター。86年生まれ。楽天でポータルサイト運営、リアルワールドでメディア運営を経て独立。現 在10以上のWeb媒体に執筆中。2011年春に恋愛コラムでライターデビュー。以降“Web男子”“エディター男子”“ドリル男子”“芝生男子”などの、さまざまな新ジャンルの男子カテゴリを生み出して話題に。2012年11月にフリーランスの働き方をテーマにした『フリーランスで食っていきたい!』 を出版。Twitterは@sonoko0511。ブログは『Sonoko Blog』 

 

【参考】

※ 池田園子(2012)『フリーランスで食っていきたい!』(ぱる出版)