意外な事実!夫婦喧嘩を回避する超簡単な方法が判明

愛し合っているにもかかわらず喧嘩をしてしまう夫婦(カップル)は少なくありません。なぜそうなってしまうんでしょう? 愛しているのに喧嘩をしてしまうというこの摩訶不思議な現象を、たとえば脳科学者は男女の脳内の作用の違いをもと…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛し合っているにもかかわらず喧嘩をしてしまう夫婦(カップル)は少なくありません。なぜそうなってしまうんでしょう?

愛しているのに喧嘩をしてしまうというこの摩訶不思議な現象を、たとえば脳科学者は男女の脳内の作用の違いをもとに説明してくれます。しかし脳内の違いがわかっても、脳をいじることはできないので、ちょっと困りますよね。

そこで今回は、公認ヨガインストラクターの三沢礼子さんに、夫婦喧嘩の意外な原因と、それを回避するごく簡単な方法について、お話をお聞きしました。

さっそくご紹介しましょう。

 

■男女の骨盤の違いとは?

「骨盤は、男女でその構造や動きなどに大きな違いがあります。

男性の骨盤はがっちりとしていて、女性のそれに比べると、少し縦長。緩みは少ない。

女性の骨盤は男性のそれに比べると横に広く、生理、出産の機能が備わっているので、緩みやすい構造になっています。

ゆえに、緩みやすい骨盤を持っている女性は、柔軟な心や他者への思いやりなどを持ちやすいのではないかと言われています。

男性は、骨盤は緩みが少なく、ストレスに強く、少々頑固であり、太古より命がけで狩りに出かけるのに適した思考であったのではないかと言われています」

つまり骨盤のあり方の男女差が、争いごとを好まない女性と、どちらかと言えば好戦的で成果主義的な男性をつくりだしているということでしょう。

ということは、女性は男性に対して「どうしてあなたはいつもこうなの!」と怒らず「男女で骨盤に違いがあるから、うちの旦那(彼氏)は、仕事のことにしか興味がないのね」と認識を新たにすれば、喧嘩に至らないと(リクツのうえでは)言えるわけです。

でも、「それはリクツだろ」と思う女性のために、柔和でいつもニコニコしている夫(彼氏)になってもらう方法についても、三沢さんにお聞きしました。

 

■旦那改造計画!温厚な男性になっていただく方法とは?

「男性の硬い骨盤は構造上緩みにくいと言われています。しかしそれでも、緩めてあげると、男性であっても女性らしい温厚な考え方になり、女性の話をちゃんと聞く旦那様や、小さいことにいちいちカッカしない男性ができるのではないかと思います。

骨盤を緩める方法は簡単で、あぐらの状態で正面向きに座ります。左右の足裏を合わせます。両手でつま先を持ちます。足裏を合わせたまま、膝をパタパタと上下に動かします。

ゆったりと心地よい範囲で呼吸も楽に、リラックス。これだけです」

骨盤は四季を通して、また、1日を通して、緩んでいるときと、締まっているときがあるそうです。たとえば夏場でも冷房が効きすぎた部屋に長時間いると、これだけで骨盤の状態は不安定になるそうです。

よって女性であっても「ちょっとイライラするな」と思えば、あぐら状態で膝をパタパタと上下に動かして骨盤を調整してあげると、イライラ解消にいいとのことです。

 

いかがでしたか?

「寝る前に骨盤を緩めておくと、緊張状態から解放され、質のよい睡眠が期待でき、朝は骨盤が締まり、しゃきっとさわやかに目覚めることができます。

夫婦やカップルで骨盤調整を日々おこなうことで、無用な喧嘩を避けることができるのではないでしょうか」と、三沢さんはおっしゃっています。

梅雨時の鬱陶しい季節、箸の上げ下げ1つで、夫婦で喧嘩をすることがないよう、骨盤に注目をしてみるといいかもしれませんね。

 

【取材協力】

※ 三沢礼子・・・12年の銀行勤務のなかで頭取表彰数回受賞。全店でセールス№1を獲得する。惜しまれつつ退職。結婚、子育てののち、身体に関する知識を多方面から学ぶ。ボディポテンシャル協会公認A級・AA級、ヨーガ公認指導士、骨盤体操インストラクター。リンパケアセラピスト、メンタルケア心理学カウンセラー、スタジオ・ヨギー、ビューティ・ペルヴィス(R)ベーシック、フローダンスコース修了。45才からフリーインストラクターとして活動中。活動記録はブログ『骨盤から美しく健康に・ダンスフィットネスを楽しく 熊本から発信 三沢 礼子』にて日々更新中。

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!